ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

いなごの佃煮

料理の写真

材料

  • イナゴ:800グラム
  • 砂糖:400グラム
  • みりん:大さじ3
  • 酒:大さじ3
  • しょう油:1合

作り方

  1. イナゴを採ったら熱湯につけ殺す。
  2. イナゴの羽と足の先のザラザラした部分をとる。
  3. イナゴがかくれるくらいのひたひたの水で煮る。
  4. 煮たったらその湯を捨て、再度たっぷりの水で2時間ほど煮る。
  5. 水がなくなってきたら、砂糖・みりん・酒・しょう油を合わせていれ、落とし蓋をして煮つめる(20分位)。
  6. 汁がなくなったら弱火にしてへらでかき混ぜながら、焦がさないように煮つめる。

ふくしま食のたくみからひと言-櫻内スイさん-

3匹食べると1日分のカルシウムの必要量が摂れると言われており、骨を丈夫にすると年寄りから言われ、秋にたくさん作っておいて春まで食べていました。いなご採りは子供たちの仕事で、友達と競い合って採っていました。一時、農薬などの影響で姿を消したイナゴも最近はまた採れるようになってきています。

食べる時期

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業振興室6次化係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-529-7663

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?