ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

大豆入りふくれ餅

料理の写真

材料

  • もち米:4.5キログラム(3升)
  • 大豆:450グラム

材料A

  • 卵:8個
  • 砂糖:800グラム
  • ゴマ:30グラム
  • 塩:50グラム
  • 重曹:45グラム
  • オリーブ油(またはサラダ油):10グラム
  • 里芋(皮をむいてすりおろす):200グラム

作り方

  1. もち米を一晩水につける。
  2. 大豆を一晩水につけて、ミキサーで砕き、3時間ほど乾かす。
  3. もち米の芯がなくなる程度に蒸す。大豆を入れてまた蒸す。
  4. 蒸したもち米と大豆を混ぜてつく。
  5. 米の形が見えなくなったら、Aを混合させたものを少しずつ混ぜてゆく。
  6. 混ぜ始めると、ごたごたになるが、次第に固くなる。
  7. つき終わったら、棒状に丸めて、型を整え固まるのを待つ。一晩過ぎると切りやすい。切った餅を干して乾燥させる。

ふくしま食のたくみからひと言-佐藤ヨネ子さん-

昔は、お菓子などはほとんどなく、このふくれ餅や凍み餅などは大変なごちそうでした。冬の寒さを利用して乾燥させているので、カビることなく、ストッカー利用で一年中保存できます。揚げても、焼いても、喜ばれる一品です。

もち米がつきあがる直前にAの材料を混合させ、餅に入れるのがコツです。

食べる時期

日常

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業振興室6次化係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-529-7663

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?