ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

白うりの酒粕漬

料理の写真

材料

  • 白うり:1キログラム
  • 酒粕・砂糖:各1キログラム
  • 塩:200グラム

作り方

  1. ウリはたて半分に切りスプーンで種を取り、そこへ塩を入れて1日おき、汁を捨てる。
  2. 切り口を下にして並べ、悪くならないように塩を多くふって、秋口酒粕が出るまで漬けておく。
  3. 塩漬けにしておいたウリに、酒粕1キログラム・砂糖1キログラムを混ぜてウリと交互に並べて漬け込む。

ふくしま食のたくみからひと言-武田博子さん-

最近は栽培する人も少なくなった白ウリですが、昔は夏の野菜としてどこの家でも作っていました。べっこう色になった酒粕漬は保存食として、独特の風味があり、喜ばれました。
酒粕の豊富な栄養成分が、凝縮され、うまみも栄養価も増すようです。

2度漬け
漬け込んでおいたウリをもう一度、同量の酒粕と砂糖で漬け直しするといっそう美味しくなります。

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業振興室6次化係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-529-7663

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?