ホーム > 観光・文化・スポーツ > 福島市 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 > イベント > ダイワハウス プロ野球OBフェスタin福島を開催しました

ここから本文です。

更新日:2021年6月25日

ダイワハウス プロ野球OBフェスタin福島を開催しました

大会1ヵ月前を記念して、プロ野球OB選手による野球イベント「ダイワハウス プロ野球OBフェスタin福島」を令和3年6月13日に開催しました。
午前は野球教室、審判講習会、食育講習会、親子ボール遊び、午後はプロ野球OB選手と福島市の軟式野球選抜チームとの親善試合を行い、福島あづま球場で1ヵ月後に開催される東京2020オリンピックのソフトボール・野球競技に向けて野球の魅力を発信しました。

 OBフェスタチラシ(表) OBフェスタチラシ(裏)

ダイワハウス プロ野球OBフェスタin福島チラシ(PDF:1,079KB)

開会式

開会式では、共催である福島圏域連携推進協議会よりプロ野球OB選手の皆さんへ加盟自治体11市町村の特産品詰め合わせを贈呈しました。

プロ野球OBフェスタin福島開会式お土産贈呈

野球教室

信夫ヶ丘球場で福島圏域11市町村(※)にお住いの小学5・6年生を対象とした野球教室を開催。
参加者65人にプロ野球OB選手ら16人が指導しました。
※福島圏域11市町村とは…福島市、二本松市、伊達市、本宮市、宮城県白石市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、飯舘村、山形県米沢市の11市町村のこと。

プロ野球OBフェスタ野球教室 プロ野球OBフェスタ野球教室(バッティング)

 オンライン野球教室「元西武ライオンズ石毛宏典さん直伝!!野球のキホン(投げる、打つ、守る)」

オンライン配信された石毛宏典さんによる野球教室のアーカイブ動画がYoutubeで視聴できます。
野球の基本動作である「投げる」「打つ」「守る」の3点について、プロ野球選手の目線でわかりやすく指導してくださいました。ぜひご覧ください。
オンライン野球教室「元西武ライオンズ石毛宏典さん直伝!!野球のキホン(投げる、打つ、守る)」(外部サイトへリンク)

親子ボール遊び(キッズベースボール)

信夫ヶ丘競技場では、福島圏域11市町村にお住まいの未就学児の親子を対象とした親子ボール遊びを開催。
ボールを投げる、打つという体験を通して、親子で楽しく野球に触れました。

プロ野球OBフェスタ親子ベースボール遊び

プロ野球OBチームVS福島市軟式野球選抜チーム 親善試合

信夫ヶ丘球場では、プロ野球OBチーム対福島市軟式野球選抜チーム(社会人)の親善試合を開催。
始球式は、木幡浩福島市長と亀岡偉民復興副大臣が2組同時に行いました。

プロ野球OBフェスタ親善試合始球式

プロ野球OBフェスタ親善試合セレモニー プロ野球OBフェスタ親善試合

親善試合の様子はプロ野球OBクラブ公式チャンネル(Youtube)(外部サイトへリンク)で視聴可能です。

福島圏域11市町村 絆ブース

信夫ヶ丘球場前では、福島圏域11市町村絆ブースとしてオリパラ事業や風評払拭の取り組みパネル展示や農産物の販売など来場者に各市町村の復興状況や魅力を発信しました。

プロ野球OBフェスタ絆ブース プロ野球OBフェスタ絆ブース(伊達市)

西シェフのカレー

サッカー日本代表の専属シェフである西芳照(にしよしてる)シェフによる「代表カレー」を参加者の皆さんに振る舞いました。
世界で戦う日本代表と同じ食事をとることによって参加した子どもたちの夢を育み、福島圏域11市町村産の野菜や豚肉を使用することで福島圏域産食材の安全性とおいしさをPRしました。
「代表カレー」を調理してくださった西シェフは多くの海外遠征に帯同するかたわら、東日本大震災後は広野町にレストラン「くっちぃーな」をオープン。
さらに、2021年3月にはいわき市に「NISHI’S KITCHEN」をオープンし、地元の方々に喜んでいただけるよう心のこもった料理を提供されています。

カレーを準備する西シェフ 西シェフのカレー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部東京オリンピック・パラリンピック競技大会福島市推進室 

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-563-5660

ファックス:024-563-7286

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?