ホーム > 観光・文化・スポーツ > 福島市 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 > ホストタウン交流 > 「福島市×スイス連邦 ホストタウンフレーム切手」「福島市×ベトナム社会主義共和国 ホストタウンフレーム切手」販売中

ここから本文です。

更新日:2021年7月27日

「福島市×スイス連邦 ホストタウンフレーム切手」「福島市×ベトナム社会主義共和国 ホストタウンフレーム切手」販売中

日本郵便株式会社がホストタウン事業の一環として作成・販売をしている「ホストタウンフレーム切手」。
今回、福島市のホストタウン交流相手国である「スイス」「ベトナム」の風景と、両国の民族衣装を着た福島市観光PRキャラクター「ももりん」が掲載されているデザインで作成いただきました。7月21日より県北管内の郵便局、「郵便局のネットショップ(外部サイトへリンク)」等で販売中です。
※「フレーム切手」は日本郵便株式会社の登録商標です。

福島市×スイス連邦 ホストタウンフレーム切手

スイス

「福島市 五色沼(吾妻山)」「福島市 花見山と吾妻連峰」。
スイスの雄大な風景「マッターホルン」「シルヴァプラーナ湖」、ユネスコの世界遺産に登録されている「ベルン旧市街」、ヨーロッパで最も古い木造橋「ルツェルン カペル橋」、大自然を走り抜ける登山鉄道「ユングフラウ鉄道」、スイスの国花「エーデルワイス」の写真が使われています。

詳しくは日本郵便株式会社のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

福島市×ベトナム社会主義共和国 ホストタウンフレーム切手

 ベトナム

「福島市のモモ」、「福島市 不動沢渓谷」。
ベトナムの世界遺産「古都ホイアン」と日本人が架けたと言われる「ホイアン 来遠橋」、ホイアンで毎月1回行われているランタンフェスティバルの「ランタン」、「ベトナムの民族衣装 アオザイ」、世界遺産の「ハロン湾」、ベトナムの国花「ハス」の写真が使われています。

詳細は日本郵便株式会社のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

贈呈式

7月20日、ホストタウンフレーム切手の贈呈式が行われました。乙坂福島中央郵便局長(写真左)より福島市長(写真右)がホストタウンフレーム切手を受け取りました。

福島中央郵便局長と福島市長

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部東京オリンピック・パラリンピック競技大会福島市推進室 

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-563-5660

ファックス:024-563-7286

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?