ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > トラブル注意情報 > 新型コロナウイルスに便乗した詐欺・悪質商法に注意!

ここから本文です。

更新日:2021年2月5日

新型コロナウイルスに便乗した詐欺・悪質商法に注意!

新型コロナウイルスに便乗した詐欺・悪質商法が発生しています

消費者の不安に付け込んだ詐欺や悪質商法等のトラブルの相談が、全国の消費生活センターに寄せられています。

市内でも同様のトラブルが発生する可能性があります。不審な電話や訪問等には十分ご注意ください。

事例1.ワクチン接種に便乗した不審電話

市役所の職員を名乗り「ワクチン接種のための聞き取りをしている」と電話があった。聞かれるままに個人情報や家族構成を教えてしまった。

⇒市役所などの公的機関を名乗る不審電話が増えています。個人情報を聞かれたり、金銭の支払いを求められたりした際は、すぐに電話を切って消費生活センターに相談しましょう。

事例2.「コロナで困っている」等と言い、嘘や強引な勧誘で商品を購入させる手口

魚介類の販売業者から電話があり「コロナで困っている。商品を買ってほしい」と頼まれた。人助けになるならと2万円のカニを注文し、昨日代引きで届いた。しかし中身を確認すると、到底値段に見合っていない粗末なものだった。
⇒業者からの電話勧誘によって契約をした場合、クーリング・オフで契約を解除することが出来ます。また、勧誘を断ったにもかかわらず、一方的に商品を送り付けられてしまったときは、できれば送り主の名称や所在地を控えてから、受取拒否をしましょう。

事例3.水道事業者を名乗る不審電話

水道事業者を名乗り「新型コロナウイルスがお宅の水道管に付着しているので除去しに伺う」と電話があった。

水道局職員を名乗る人物が自宅に訪れ「水道管にコロナウイルスが付着しているので、防菌できる水道管と取り換えたほうがいい」と見積書を提示された。

⇒消費者の不安をあおって契約させ、高額な工事費等を請求される可能性があります。不要な契約はきっぱりと断りましょう。不安な時は、消費生活センターにご相談ください。

事例4.政府関係者を名乗り「助成金がある」という不審電話

政府関係者を名乗り「新型コロナウイルスに関して、政府から助成金がある」と会社に不審な電話があった。

⇒新しい手口の詐欺の可能性があります。口座番号や暗証番号を聞かれても絶対に教えず、警察等へご相談ください。

 

 

なにか不審に思うことがあったときは、消費生活センターにご相談ください。

 

  • 福島市消費生活センター相談専用電話 024-525-3774(平日9時から16時、年末年始を除く)
  • 消費者ホットライン188(局番なし)最寄りの消費生活センター等の相談窓口につながります。

 

注意喚起チラシおもて注意喚起チラシうら

チラシはこちらからダウンロードできます(新型コロナウイルス注意喚起チラシ(PDF:608KB)

 

参考

新型コロナウイルスに関連して、他にも様々なトラブルが発生しています。詳細は下記リンクをご確認ください。

独立行政法人国民生活センター発表情報_新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報)(外部サイトへリンク)

独立行政法人国民生活センター発表情報_新型コロナウイルスに便乗した架空の“マスク販売広告メール”にご注意!(速報第2弾)(外部サイトへリンク)

独立行政法人国民生活センター発表情報_新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報第3弾)-行政機関名をかたる電話、行政から委託されたという業者からの電話には応じないようにしましょう-(外部サイトへリンク)

独立行政法人国民生活センター発表情報_新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報第4弾)-「新型コロナウイルスが水道水に混ざっている」等の根拠のない話には耳を貸さないで-(外部サイトへリンク)

独立行政法人国民生活センター発表情報_新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報第5弾)-「助成金があるので個人情報を教えてほしい」等の“なりすまし”や“オレオレ詐欺”に注意-(外部サイトへリンク)

独立行政法人国民生活センター発表情報_新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報第6弾)-SNSの書き込みや広告で関心を惹き、不審な通販サイトへ誘導する手口に気をつけましょう-(外部サイトへリンク)

独立行政法人国民生活センター発表情報_新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報第7弾)-受給資格がない人に持続化給付金の不正受給を持ちかける手口に気をつけて!-(外部サイトへリンク)

独立行政法人国民生活センター発表情報_新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報第8弾)-「コロナで困っている」等と言い、嘘や強引な勧誘で魚介類を購入させる手口に気をつけて-(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部生活課消費生活センター

福島市本町2番6号

電話番号:024-525-3774

ファックス:024-522-1528

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?