ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > トラブル注意情報 > 市内でなりすまし詐欺の予兆電話が発生しています

ここから本文です。

更新日:2020年5月22日

市内でなりすまし詐欺の予兆電話が発生しています

福島市内において、なりすまし詐欺の予兆電話がありました。不審な電話にご注意ください。

福島警察署より情報提供

5月20日午後、福島市内に住む高齢者方に、福島警察署員を名乗る男から「詐欺で犯人を捕まえています。銀行の通帳を持っていますか。通帳を取りに行きます。」と電話がありました。電話を受けた方が不審に思い、警察署に問い合わせたため被害には遭いませんでした。

警察官、市役所職員、金融機関職員は電話で取引金融機関の口座番号を聞くことはありません。

このような電話があったら、すぐに警察署に通報して下さい。なりすまし詐欺被害防止のためには自宅の電話機を留守番電話機能に設定することが有効です。在宅時でも常に留守番電話に設定しておくことで慌てず冷静に対応することができるとともに、声を録音されることを嫌う詐欺犯人が電話を切断することが期待されます。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部生活課消費生活センター

福島市本町2番6号

電話番号:024-525-3774

ファックス:024-522-1528

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?