ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 地方創生の取り組み > 広域連携の取り組み > 毎月19日に食堂イベント 福島圏域「絆」day を開催しています

ここから本文です。

更新日:2019年7月18日

福島市役所食堂では毎月 福島圏域「絆」day を開催しています!

福島圏域「絆」dayとは

 福島市役所9階食堂では、福島圏域(※)内の市町村との連携をより深めるため、それぞれの名物や特産品のメニューを提供するイベント、福島圏域「絆」day を開催しています。

 このイベントは「市役所食堂に行けば、圏域市町村の名物が食べられる!」をコンセプトに、毎月19日の食育の日に開催し、工夫を凝らしたメニューを提供しています。

 毎月19日の食堂イベントにぜひご期待ください!(19日が閉庁日の場合、開催日が前後します)

 ※福島圏域:福島市、二本松市、伊達市、本宮市、白石市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、飯舘村、米沢市の11市町村

 第10弾 2019年7月19日(予定) 米沢市

 福島圏域「絆」day第10弾は、7月19日(金)に米沢市の米沢牛を使った3種類のメニューを提供します。世界に誇るブランド牛を、ぜひご賞味ください!

 米沢牛重 1,000円/食(30食限定)

 米沢牛焼きそば 600円/食(60食限定)

 米沢牛カレー 500円/食(40食限定)

 gyuujuu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yakisoba

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像はイメージです。また、メニューは仕入れ等の状況により予告なく変更となる場合があります

 

第9弾 2019年6月19日 伊達市

 福島圏域「絆」day第9弾は、6月19日(水)に伊達市のブランド鶏である「伊達鶏」や「だてハーブ鶏」を使った3種類のメニューを提供しました。味わい深い鶏肉料理はどれも大人気でした!

 

500

 ①だてハーブ鶏の唐揚げランチ

 500円/食(60食限定)

 だてハーブ鶏の唐揚げ、白米、みそ汁、

 ポテトサラダ、冷奴、メンマ和え、オレンジゼリー

 

 

 

 

 

 

 

600

 ②伊達鶏パン粉焼き&つくね焼きランチ

 600円/食(30食限定) 

 

 伊達鶏のパン粉焼き&つくね焼きプレート、

 

 白米、みそ汁

 

 

 

 

700

 ③だてハーブ鶏バターチキンカレー

 700円/食(30食限定)

 だてハーブ鶏のバターチキンカレー、

 ナン&アーモンドライス、

 オレンジゼリー、コーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

第8弾 2019年5月17日 本宮市産アスパラ三昧ランチ、野菜たっぷりドライカレー

 福島圏域「絆」day第8弾は、5月17日(金)に本宮市産アスパラ三昧ランチと、野菜たっぷりドライカレーを提供しました。

 本宮市の特産品であるアスパラガスをふんだんに使ったランチセットは、まさにアスパラづくし!

 また、本宮市は相模女子大学と平成20年度から交流を重ね、平成29年4月に地域協働活動事業に関する協定を結びました。その交流の一環として、相模女子大生が本宮市産の食材を使ったメニューを考案し、レシピを公開しています。今回はそのメニューのうち、ドライカレーを提供いたしました。

 今回、初めて特別メニューを100食ご用意いたしましたが、完売となりました。ありがとうございました。

 

zanmai

 アスパラ三昧ランチ(500円/限定70食)

 アスパラと豚肉のオイスター炒め、白米、

 アスパラと野菜のコンソメスープ、アスパラとコーンの白和え、

 アスパラと人参の胡麻和え、アスパラベーコン巻、

 アスパラとポテトのチーズ焼き

 まさにアスパラ三昧。旬の美味しさを味わっていただきました。

 

 

 

 

dry 野菜たっぷりドライカレー(700円/限定30食)

 ドライカレー、野菜スープ、野菜サラダ、

 フルーツゼリー、コーヒー

 相模女子大生が本宮市産食材をPRしようと考案したドライカレー。

 野菜の旨味や食感を存分に楽しめる、特別なカレーでした。

 

 

 

第7弾 2019年4月19日 うつくしまエゴマ豚のぶた丼

  福島圏域「絆」day第7弾は、4月19日(金)に県産ブランド肉「うつくしまエゴマ豚」を使用したぶた丼を提供しました。

  うつくしまエゴマ豚は、福島市荒井にある福島県畜産研究所(旧畜産試験場)において誕生した「フクシマL」という

 系統豚からうまれ、認証を受けているブランド豚です。エゴマを飼料に混ぜて飼育されており、おいしく、栄養豊富な豚肉です。

 egomaton

  エゴマ豚のぶた丼、みそ汁、野菜サラダ、フルーツゼリー

  1食500円、限定60食の提供でした。

 

 

 

 

 

 

 

egomaton

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6弾 2019年3月19日 川俣シャモ親子重

  福島圏域「絆」day第6弾は、3月19日(火)に川俣町の川俣シャモを使用した親子重を提供しました。

 

oyakojuu

 川俣シャモ親子重、シャモスープ、おしんこ

 (700円/限定50食)

 ぷりぷりのシャモ肉に、とろとろのたまごで大人気!

 あっという間に売り切れてしまいました。

 

 

 

 

 

syaamo

 食堂には川俣シャモのマスコット「シャーモくん」も訪れ、

 4月27日(土)、28日(日)に四季の里で開催される

 「第15回川俣シャモまつりin四季の里」をPRしました。

 皆さま、ぜひお越しください!

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

第5弾 2019年2月19日 桑折町のあんぽ柿アレンジメニュー

 福島圏域「絆」day第5弾は、2月19日(火)に桑折町のあんぽ柿をアレンジしたメニューを、ももりんランチ「あんぽ柿づくし」として提供しました。

 annpo01

 「あんぽ柿づくし」(500円/限定60食)

 ご飯、味噌汁、あんぽ柿とチーズの豚肉巻き、あんぽ柿の春巻き、

 あんぽテトサラダ、ウエスタン、

 ブロッコリーマヨかけ、もやしのゆかり和え、冷奴、漬物

 

 

 

 

 

 

annpo02

 左奥:あんぽ柿とチーズの豚肉巻き

 中央奥:あんぽ柿の春巻き

 右:あんぽテトサラダ

 左手前:ウエスタン(桑折町 本間健雄肉店にて販売)

  当日は、たくさんの方があんぽ柿のアレンジメニューを堪能し、

限定の60食があっという間に売り切れてしまいました。

第4弾 2019年1月18日 白石市の温麺(うーめん)

 福島圏域「絆」day第4弾は、1月18日(金)に白石市の温麺を4種類から2種類選択して食べることができる、ももりんランチ「白石温麺三昧」を提供しました。

uumenall

「白石温麺三昧」(500円/限定50食)

 温麺2種類

(おくずかけ(宮城県の郷土料理)、きのこと柚子の温麺、

 麻婆温麺、たまごスープ温麺の4種から選択)、

 かやくご飯、チキン南蛮、焼笹かま、柚子和え、りんごのコンポート

 

 

 

 

 

uumenup

 短い温麺はとても食べやすく、どんな料理にもアレンジできます。

 色々なメニューに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

第3弾 2018年12月19日 飯舘村産野菜の「温野菜」と福島市産りんごの「りんごカレー」

 福島圏域「絆」day第3弾は、12月19日(水)に飯舘村産の野菜をつかった温野菜が中心のももりんランチ「までいセット」と、福島市産のりんごを使用した特製りんごカレーを提供しました。

madeiset

 「までいセット」(500円)

 雑穀ごはん、みそ汁、飯舘村産の野菜の温野菜、

白菜キムチ、長芋と枝豆、ひき菜炒り、りんごのコンポート

 せいろを使った温野菜は、野菜たっぷりで栄養満点。デザートまでついた大変お得なセット。

 

 

 

 

ringokare

 「りんごカレー」(700円)

 福島市産のりんごを使ったりんごカレー、サラダ、

りんごのコンポート、コーヒー、りんご1玉

りんごカレーは甘口で、りんごの食感も楽しめる一品でした。

 

 

 

 

 

 <出張販売> 

madeikanhanbai

  イベント当日は、食堂にいいたて村の道の駅「までい館」から米や野菜、菓子、切り花等の出張販売が行われ、食堂に来訪された方で大賑わいでした。

 

 

 

 

 

 

 

ringohanbai

福島市のりんご「サンふじ」の出張販売も行われました。

第2弾 2018年11月19日 二本松市の「ざくざく」と福島市「わくわく市民農園」のさつまいも

 福島圏域「絆」day第2弾は、11月19日(月)に二本松市の郷土料理「ざくざく」と、福島市「わくわく市民農園」で収穫されたさつまいもを提供しました。

食堂イベント2018111901

 豪華8品のももりんランチ(700円)で提供しました。

 さつまいもは、ざくざくやさつまいもご飯、天ぷらの具材として、

二本松名物の玉羊羹はデザートとして。

 

 

 

 

 

 

食堂イベント2018111902

 福島市「わくわく市民農園」で収穫されたさつまいもはとても

大きく、甘味があり、大変美味しいさつまいもでした。

第1弾 2018年10月19日 国見町の鯖味噌といかにんじん

 福島圏域「絆」day第1弾は、国見町の鯖味噌と郷土料理のいかにんじんをももりんランチで提供しました。

 食堂イベント2018101901

 ももりんランチ(500円)で提供しました。

 ご飯、みそ汁、鯖味噌煮、いかにんじん、かぼちゃサラダ、

 煮びたし、さつまいものレモン煮がセットです。

 

 

 

 

 

食堂イベント2018101902

 国見町の鯖味噌は、「東日本ご当地バーガーグランプリ」で

 グランプリを受賞した国見バーガーに使用されている商品です。

 ボリュームたっぷりで、骨まで柔らかく、大満足の一品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部政策調整課地域創生係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3788

ファックス:024-536-9828

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?