ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 復興関連の計画・施策 > 震災から10年 福島からエール発信事業 > 「震災復興パネル展」の写真&メッセージを募集します

ここから本文です。

更新日:2020年6月5日

「震災復興パネル展」の写真&メッセージを募集します

東日本大震災・原発事故から10年目を機に、被災県の県都として、これまで国内外からいただいた支援に対する感謝や復興の軌跡、新たなまちづくりの方向性などを発信し、記憶と教訓を次世代に継承する「震災復興パネル展」を開催します。写真&メッセージ募集チラシ

開催にあたり、展示する写真やメッセージを市民の皆さんから広く募集します。

 

1 震災の記憶と復興の軌跡を次世代へ~写真&メッセージ募集~

募集する写真やメッセージについて

写真について

  • 報道で目にしている出来事だけでなく、震災の影響によって受けた悲しみをはじめ、復興や明るい未来を感じたこと、次の世代に伝えたいことなど、震災を経験した市民にしか感じ得ない出来事の写真とそのタイトル、エピソード(100字程度)を添えてご応募ください。
  • デジタルデータは1枚あたりデータ容量5MB以上10MB以下で、ファイル形式がJPEG形式(拡張子が.jpgまたは.jpeg)のものでお願いします。
  • プリントした写真はL・2L・六切サイズのものでお願いします。

メッセージについて

  • 震災を通して学んだ教訓やこれまでの支援に対する感謝など国内外の皆さんへ伝えたいメッセージ(100字以内)をご応募ください。

2 応募方法

1.応募フォームから

写真はこちらの応募フォームからご応募ください。
メッセージはこちらの応募フォームからご応募ください。

2.郵送または持参

  • 応募用紙に必要事項を記入して、デジタルデータを保存したCD-ROM等の記録媒体やプリントした写真とあわせてご応募ください。(メッセージの場合は応募用紙のみ)
  • 応募用紙は市の公共施設等にも備え付けてあります。
  • 郵便料金は応募者の自己負担となります。
  • 応募先 〒960-8601 福島市五老内町3-1 福島市役所 政策調整課総合計画係

募集締切

令和2年7月31日(金曜日)まで(必着)

応募写真・メッセージの取扱い

  • 応募数にもよりますが、展示スペースに限りがございますので、選定の上、展示させていただくことを想定しています。
  • 著作権は撮影者に帰属しますが、福島市(以下、「主催者」)は、広告・ポスター・広報誌等の印刷物・ホームページ・イベント及びメディア(新聞・TV・雑誌・ネット等)等に使用する用途に限り、応募写真等を修整または改変(例:写真のトリミング、誤字の修正等)し、無償で使用する権利を有します。その場合、応募者は著作者人格権を主張しないものとします。
  • 応募写真の著作権・肖像権・商標権・プライバシーなどについて、第三者から権利侵害や損害賠償等の異議申し立て、苦情などがあった場合、主催者は一切の責任を負わず、費用負担などを含め応募者がすべて対処するものとします。
  • ご応募いただいたデジタルデータは返却いたしません。
  • ご応募いただいたプリント写真は、応募時に①返却不要、②福島市政策調整課にて受取、③切手を貼った返却用封筒をご準備いただいた上で郵送、のうちから選択いただきます。
  • 写真・メッセージの使用にあたり、個別の連絡はいたしません。

個人情報について

  • お預かりした個人情報はご本人の同意なしに主催者以外の第三者に開示・提供することはありません。
  • お預かりした個人情報は当パネル展以外の目的には使用いたしません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部政策調整課シティセールス推進室

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3788

ファックス:024-536-9828

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?