ホーム > 市政情報 > 広聴 > パブリック・コメント制度 > パブリックコメント実施状況 > 「福島市受動喫煙防止条例」の制定を進めています

ここから本文です。

更新日:2020年3月14日

「福島市受動喫煙防止条例」の制定を進めています

 パブリック・コメントの受付を終了し、条例の制定を進めています。

条例制定の目的

 平成30年7月25日に公布された健康増進法の一部を改正する法律に基づき、望まない受動喫煙の防止のための環境整備を推進することで、受動喫煙による市民等の健康への影響を未然に防止し、市民等の健康増進を図ることを目的とします。

条例制定の背景

 受動喫煙は、がんや虚血性心疾患、脳卒中等の発症など、健康に悪影響を与えることが科学的に明らかとなっており、「望まない受動喫煙」を防止するために、健康増進法の一部改正により、施設等の類型・場所ごとに講ずべき対策などが定められました。
 また、IOCとWHOは、たばこのないオリンピックを目指していることから、本市は東京2020オリンピック競技の開催都市として、大会の開催を契機に、受動喫煙防止対策を強化するとともに、その取組みをレガシーとして継続していく必要があります。
 望まない受動喫煙の防止のための取組みを総合的かつ効果的に推進することで、市民一人ひとりが他人の健康にも配慮し、望まない受動喫煙を生じさせることのない地域社会の実現を目指し、本条例を制定します。

根拠法令の概要

健康増進法

条例の施行期日

令和2年7月1日(一部経過措置有り)

条例の構成

  • 前文
     条例制定の背景や趣旨
  • 第1条 目的
     条例制定の目的
  • 第2条 定義
     条例内で使用している用語についての説明
  • 第3条 市の責務
     市の基本的な責務について規定
  • 第4条 市民等の責務
     市民等の基本的な責務について規定
  • 第5条 保護者の責務
     保護者の基本的な責務について規定
  • 第6条 事業者の責務
     事業者の基本的な責務について規定
  • 第7条 教育の重要性
     市が行う学校教育その他の場における情報の提供等について規定
  • 第8条 市が設置する施設における受動喫煙の防止
     市が設置する施設における受動喫煙防止対策について規定
  • 第9条 市以外の者が設置する学校、児童福祉施設等における受動喫煙の防止
     市以外の者が設置する学校等における受動喫煙防止対策について規定
  • 第10条 受動喫煙防止重点区域の指定
     特に受動喫煙の防止を図る必要がある区域の指定について規定
  • 第11条 受動喫煙防止重点区域の変更等
     受動喫煙防止重点区域の変更について規定
  • 第12条 受動喫煙防止重点区域における喫煙の制限等
     受動喫煙防止重点区域内における喫煙の制限について規定
  • 第13条 指導及び命令
     受動喫煙防止重点区域内の喫煙者への対処について規定
  • 第14条 受動喫煙防止指導員
     受動喫煙防止重点区域内における人員について規定
  • 第15条 罰則
     受動喫煙防止重点区域内における罰則について規定
  • 第16条 委任
     委任事項について規定

条例の実現に伴う効果、市民生活への影響など

 受動喫煙による健康への悪影響について市民の理解を深めるとともに、受動喫煙防止のための環境整備を進め、市民の健康寿命の延伸を図ります。

「福島市受動喫煙防止条例案の骨子」について

条例案の骨子はこちらからご覧いただけます。

骨子の項目11及び13の規定に関する資料はこちらからご覧いただけます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部政策調整課総合計画係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3788

ファックス:024-536-9828

健康福祉部保健所健康推進課健康増進係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-573-4384

ファックス:024-525-5701

条例の内容に関するお問い合わせは、
健康福祉部 保健所健康推進課 までお願いします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?