ホーム > 市政情報 > 広聴 > パブリック・コメント制度 > パブリックコメント実施状況 > 「福島市国土強靭化地域計画」の策定を進めています

ここから本文です。

更新日:2020年2月18日

「福島市国土強靭化地域計画」の策定を進めています

パブリック・コメントの受付を終了し、計画の策定を進めています。

計画策定の目的

 大規模自然災害による致命的な被害を負わない「強さ」と迅速に回復できる「しなやかさ」を持った安全・安心な社会の実現に向け、事前防災・減災と迅速な復旧復興に資する取組を平時から総合的かつ計画的に推進するため本計画を策定します。

計画策定の背景

 国では、平成25年に「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」を制定するとともに、平成26年に「国土強靭化基本計画」を策定しています。また、福島県では、平成30年に「福島県国土強靭化地域計画」を策定しています。
 市では、「ときめきとやすらぎ希望にみちた人間尊重のまち福島市」という将来都市像の実現のため、安全に生活できるまちづくりを推進してきたところですが、近年激化する気象災害等に備えるため、防災対策を強化することが求められています。

根拠法令

 「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」(平成25年12月11日法律第95号)第13条に基づく国土強靭化地域計画として本計画を策定します。

計画の期間

令和2年度から令和7年度までの6年間です。

計画の構成

第1章 計画策定の趣旨
第2章 計画の基本的な考え方
第3章 福島市の概況と災害リスク
第4章 脆弱性評価の枠組み
第5章 脆弱性評価と推進方針
第6章 施策プログラムの重点化と推進体制

計画策定のポイント

こちらから「福島市国土強靭化地域計画(素案)【概要版】(PDF:1,579KB)」をご覧いただけます。

計画の実現に伴う効果、市民生活への影響など

 地震災害、風水害、土砂災害等の大規模自然災害による死傷者の発生など、起きてはならない事態を想定して、分野横断的にソフト対策とハード対策を組み合わせて総合的に実施することで、地域社会の安全・安心が高まります。

「福島市国土強靭化地域計画」(素案)について

こちらから「福島市国土強靭化地域計画(素案)(PDF:11,318KB)」をご覧いただけます。

ファイルの容量が大きいためダウンロードに時間がかかる場合は、下記よりご覧ください。

なお、印刷する場合は、次のファイルをご利用ください。
※次のファイルを閲覧する場合は、保存した上で、Adobe Readerの表示方法を[見開き表示]([見開き表示で表紙を表示]にチェック)にすると、「第5章 脆弱性評価と推進方針」がご覧いただきやすくなります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部政策調整課総合計画係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3788

ファックス:024-536-9828

建設部路政課建設総務係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3770

ファックス:024-536-3271

計画の内容に関するお問い合わせは、
建設部 路政課 までお願いします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?