水道水で発電!~その4「ふくしま北部配水池発電所」開所式~

福島市水道局で初の水道施設を利活用した「ふくしま北部配水池発電所」が完成し、平成30年4月1日に発電所のある北部配水池で開所式がおこなわれ、営業運転を開始しました。                 

この事業は、福島市において「環境最先端都市 福島」の実現に向け策定した「福島市再生可能エネルギー導入推進計画」の一環として、水道局が小水力発電事業公募型企画提案方式を実施し、東京発電(株)との事業契約締結により工事を進めてきました。
                                                        
この発電所は、福島市水道局が「水のエネルギー」と「設置場所」を提供し、東京発電(株)が建設・運転・保守を実施し、発電した電気は、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用し、電力会社へ売電します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA %e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%97%e3%81%be%e5%8c%97%e9%83%a8%e9%85%8d%e6%b0%b4%e6%b1%a0%e7%99%ba%e9%9b%bb%e6%89%80%e9%96%8b%e6%89%80%e5%bc%8f%e4%bc%81%e7%94%bb10-1
開所式会場

水車始動式の様子

(左:東京発電㈱ 堀部慶次社長、右:八島洋一水道事業管理者)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
流入弁室マシンハッチ (配水池屋上から撮影) 水車発電機の説明用パネル

小水力発電とは

小水力発電とは、高い場所にある【位置エネルギー】を持っている水を重力によって低い場所へ落とし、水車を回して【運動エネルギー】に変え、その回転運動をさらに発電機で【電気エネルギー】に変えて電気を作る発電方法です。
 「ふくしま北部配水池発電所」では、水道水を「すりかみ浄水場」から飯坂町の「北部配水池」まで送水する際の、水の流量と圧力を利用して水車・発電機を回し、一般家庭約240世帯分の電気を作り、その電気がみなさんのご家庭や工場へと送られます。

水道水の水質について

小水力発電設備に使用する配管や弁、水車などは、実際の水道管に使われるものと同じ仕様・規格のものを採用しています。
また、事前に水質検査を実施し、水道法で規定される水質基準をすべて満たしていることを確認しています。

水質検査結果(内部リンク)

 %e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%97%e3%81%be%e5%8c%97%e9%83%a8%e9%85%8d%e6%b0%b4%e6%b1%a0%e7%99%ba%e9%9b%bb%e6%89%80%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%bf%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%ab%e3%83%93

 関連ページ

お問い合せ先
連絡先 施設管理センター電機係
TEL 024-522-2233
FAX 024-522-2360
住所 〒960-8142 福島市小倉寺字赤坂12