福島市水道局入札監視等委員会

1.委員会の目的

福島市水道局では、「公共工事の適正化の促進に関する法律」の趣旨を踏まえ、第3者の意見を反映することにより、入札及び契約手続きの透明性の確保 及び適切な執行を図るため、また、福島市入札制度検証委員会からの提言に基づき、福島市水道局入札監視等委員会を設置しております。

福島市水道局入札監視等委員会設置要綱【PDFファイル:117KB】

2.委員会の事務

委員会は、福島市水道局が発注した建設工事等に係る次の事項の調査審議を行い、意見の具申又は勧告を行います。

(1)入札及び契約手続の運用状況に関すること。
(2)入札及び契約手続の過程及び契約内容に関すること。
(3)入札及び契約制度に関すること。
(4)再苦情処理に関すること

3.委員

委員は、学識経験者3名により構成されています。

  • 委員名簿【敬称略】 (任期 令和元年8月1日~令和3年7月31日)
氏名 役職
金井 光生 福島大学行政政策学類准教授
新開 文雄 弁護士
佐藤 晃子 税理士

令和元年8月2日(金)に委嘱状交付式を行いました。
委員長に選任された金井委員は「市民の皆様のために、公平性・透明性を徹底化できるよう職務を務めていきたい」と決意を述べられました。

 

 

お問い合せ先 水道総務課管財契約係
TEL 024-535-1118