ホーム > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス関係支援策一覧 > 福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(その他の地域における時短要請協力金)について(申請受付を開始しました)

ここから本文です。

更新日:2021年9月1日

福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(その他の地域における時短要請協力金)について(申請受付を開始しました)

  • 令和3年9月1日より申請受付を開始しました。

申請については「いわき市・郡山市・福島市時短協力金」のページをご覧ください。

  • 早期支給分の申請は令和3年8月25日をもって受付終了しました。
  • 令和3年8月16日より早期支給分の申請受付を開始しました。 

【申請受付期間】令和3年8月16日(月曜日)から8月25日(水曜日)まで(8月25日の消印有効)

  • 令和3年8月8日(日曜日)から「福島県まん延防止等重点措置」に移行したことにより、ページを更新しました。

 

福島県では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、福島県内全域(ただし、いわき市内を除く)を対象に、接待を伴う飲食店及び酒類を提供する飲食店に対し、時間短縮営業の協力要請を行っています。
感染防止対策を徹底したうえでご協力いただいた場合に交付される「福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」についてお知らせします。

時間短縮営業に伴う協力金(その他の地域における時短要請協力金)(福島市交付対象期間:7月31日~8月31日)

対象施設となる店舗を運営し、対象期間に時間短縮営業にご協力いただいた事業者の皆様に対して、福島県から「その他の地域における時短要請協力金」が交付されます。

1.交付対象店舗

通常、午後8時から午前5時までの時間帯を含む営業を行っている、下記「時間短縮営業の協力要請の内容」中、「4.対象施設」に該当する店舗

2.交付額

次の2つの方式に基づき1日あたりの交付額を算定し交付額を決定します。なお、大企業はBの方式での交付となり、中小企業はAまたはBいずれかの方式を選択可能です。

A売上高方式

前年度または前々年度の1日あたりの売上高に応じて1日あたり2.5万円から7.5万円

B売上高減少方式

前年度または前々年度からの1日あたりの売上高減少額の4割(1日あたりの交付上限額は「20万円」または「前年度もしくは前々年度の1日あたり売上高の3割」のいずれか低い額)

※令和3年7月28日(水曜日)、29日(木曜日)または30日(金曜日)から時間短縮営業を実施した場合には、交付対象期間に含めます。

※時間短縮営業を開始した日から令和3年9月1日(水曜日)午前5時まで連続して時間短縮営業することが必要です。

全県版時短協力金交付額の単価

3.申請受付期間

令和3年9月1日(水曜日)から10月29日(金曜日)

時間短縮営業の協力要請の内容

1.対象地域   福島県内全域(いわき市を除く)

2.要請内容

午後8時から午前5時までの時間帯の営業自粛(酒類の提供は午前11時から午後7時まで)

3.対象期間

令和3年7月31日(土曜日)午後8時から令和3年9月1日(水曜日)午前5時まで

※8月8日からは福島県まん延防止等重点措置に移行

4.対象施設

食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けた以下の施設

(1)接待を伴う飲食店(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第1号に該当する店舗)

(2)酒類を提供する飲食店

※ただし、惣菜・弁当などの持ち帰り専門の店舗やイートインスペースを有するスーパーやコンビニ等の小売店等を除く

お問い合わせ先

福島県協力金コールセンター

電話:024-521-8575(受付時間:毎日9時30分から17時30分)

関連リンク

福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(いわき市・郡山市・福島市時短協力金)(外部サイトへリンク)

福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(その他の地域における時短要請協力金)(外部サイトへリンク)

福島市における時短要請(飲食店)協力金(外部サイトへリンク)

売上の減少した中小事業者に対する一時金(本県版一時金第3弾)(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部産業雇用政策課産業政策係

電話番号:024-515-7746

ファックス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?