ホーム > くらし・手続き > 都市間交流・国際交流 > ウクライナから福島市に避難される方を支援します

ここから本文です。

更新日:2022年8月31日

ウクライナから福島市に避難される方を支援します

福島市ウクライナ避難者サポート

 

日本語

English

ウクライナ避難者支援相談窓口

support_desk ウクライナから福島市に避難された方への支援等について相談や、手続きの補助を行います。

  • 福島市役所1階 外国人生活相談窓口内
  • 平日 9時00分~16時00分
  • 日本語、英語、翻訳機を使ってウクライナ語にも対応します。
  • 電話・メールでも相談できます。
    ※電話・メールはやさしい日本語・英語で対応します。
    • 電話: 024-525-3739
    • Mail: teijyuu@mail.city.fukushima.fukushima.jp

 

住居

ウクライナから避難された方に、無償で住居を提供します。

※家具家電などの有無はお問い合わせください。

※食器、布団等の生活用品はありません。

※水道光熱費は、入居者が負担します。

学校教育

6歳から15歳までの方は、市立小中学校に編入できます。授業は日本語で行います。

学校生活に必要な日本語習得を支援します。

日本語学習

仕事や生活のために日本語を学びたい方に対する支援を行います。

ふくしま田園中枢都市圏ウクライナ避難者サポートバンクへの登録者募集

通訳・生活支援ボランティア

ウクライナからの避難者の方が安心して生活することができるよう、圏域構成市町村内の住民の方で、通訳や生活支援のご協力をしていただけるボランティアを募集します。
 避難者の状況や要望に応じて圏域構成市町村が連携してボランティアを派遣します。

 サポートバンクに登録していただける方は、要綱をご覧の上、下記いずれかの方法で登録申し込みを行ってください。

  1. 募集内容:①通訳ができる方(ウクライナ語、ロシア語、英語)
         ②買い物や日常生活のサポートができる方
         ③就労、教育、医療等の相談対応等ができる方
  2. 申込方法
    (1)登録申込書をメール、FAX、郵送、定住交流課窓口で提出する。
     登録申込書(エクセル:48KB) 登録申込書(PDF:126KB)
  3. 登録先:福島市役所 定住交流課(圏域総合窓口)
        メール  teijyuu★mail.city.fukushima.fukushima.jp (★を@に変更して送信してください。)
        電話  024-525-3739
        FAX  024-533-5263

ページの先頭へ戻る

Support & Consultation Desk for Ukrainian Refugees 

 The support desk offers consultation on support for those who have evacuated from Ukraine to Fukushima City, as well as assistance with applications and other official processes. support_desk

  • Fukushima City Hall 1F  Foreign Residents Support Desk 
  • Weekdays 9:00-16:00 
  • Japanese & English (Ukrainian language support available with the assistance of translation devices) 
  • Consultation is also available over-the-phone or via email.   
    ※Over-the-phone and online consultations are only available in English and simple Japanese. 
  • TEL: 024-525-3739
  • Email: teijyuu@mail.city.fukushima.fukushima.jp

Housing 

 Housing will be provided without cost to those who have evacuated from Ukraine. 

※Please enquire as to whether white goods and other household appliances are included. 

※Household items such as dishware and bedding etc. will not be provided

※Utilities expenses (water, electricity and heating) are to be paid by the resident. 

School Education 

 Children aged 6-15yrs can enroll in public elementary and junior high schools. 
 Classes will be conducted in Japanese. Support is available for learning the Japanese needed to attend school. 
 

Japanese Learning 

 Support is available for those who wish to learn Japanese for the purpose of employment or as part of residing here. 

Seeking Applicants to the Ukrainian Refugee Support Resistry 

 We are currently seeking volunteers who can offer interpreting and other daily-life support to ensure that those who have evacuated from Ukraine are able to conduct their daily lives. 

 Please apply to Fukushima City, Settlement & Resion Exchange Dvision :

  • TEL: 024-525-3739
  • Email: teijyuu@mail.city.fukushima.fukushima.jp

 

ページの先頭へ戻る

 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部定住交流課都市間交流係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3739

ファックス:024-533-5263

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?