ここから本文です。

更新日:2018年7月6日

福島市認知症高齢者QRコード活用見守り事業

福島市では、認知症で徘徊をする高齢者が外出し、行方不明となった、または警察などの関係機関で保護された際に、身元確認用「QRコード」を活用し、早期に親族などに連絡をとる体制を整えます。

QRコード活用事業

QRコード

杖や靴、帽子など、徘徊する高齢者の持ち物に貼り付けられる「QRコード」を交付し、高齢者が保護された際にその「QRコード」を携帯電話などで読み取ることにより、身元の早期判明が図れます。

使用例

事業の流れ

「QRコード」を携帯電話などで読み取ると、利用者のIDとコールセンターの電話番号が表示されます。コールセンターへIDを伝えていただくと、コールセンターから事前に登録していただいた支援者へ連絡が入り、高齢者の保護につながります。

読み取り方法 読み取り画面

事業概要

利用できる方

「認知症高齢者(若年性認知症の方を含む)のうち福島市内に住所を有する方」を介護している親族や支援者が対象となります。

利用料金

無料:QRコード36枚(シールタイプ)

ただし、QRコードを追加で希望する場合は、利用者負担となります。

申請書

利用開始には申請書に必要事項を記入のうえ、下記申し込み先へご提出ください。

登録情報の変更・廃止

登録情報の変更や利用廃止などの場合は、変更・廃止届をご提出ください。 

申し込み先

福島市長寿福祉課または各支所・茂庭出張所

利用手続きについては、お近くの地域包括支援センターや担当ケアマネジャーにご相談ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部長寿福祉課地域包括ケア推進室

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-529-5064

ファックス:024-526-3678

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?