ホーム > 子育て・教育 > 幼稚園・保育園・子育て支援施設 > 保育所・幼稚園・認定こども園 > 認可外保育施設 > 「令和2年度認可外保育施設職員研修会」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2021年12月7日

「令和2年度認可外保育施設職員研修会」を開催しました

令和2年度認可外保育施設職員研修会 受講施設一覧

4項目をすべて受講した施設の一覧(PDF:213KB)

第3回・第4回認可外保育施設職員研修会

令和3年1月16日(土曜日)、17日(日曜日)に、市民会館第2ホールで、令和2年度認可外保育施設職員研修会を開催しました。

この研修会は、保育の質の向上を図り、児童が安心して成長できる環境づくりに寄与することを目的に開催しております。

今回は、第1回・第2回と同じく下記の内容で研修を行い、当日は市内の認可外保育施設の職員およそ20名が参加しました。

項目

講師
保育所保育指針に沿った保育について

市立認定こども園

副園長

保育施設における感染症対策

市 保健師

子どもの発達と遊びについて

市立認定こども園

園長

乳幼児の食事と食物アレルギーについて

市幼稚園・保育課

幼保指導係栄養士

研修会の様子

0116-1

0116-3

0116-2

0116-4

参加者の感想

  • 子ども主体の保育が改めて大切だとわかった。子どもたちの興味関心を大切に、子どもたちの良さをたくさん知っていけるように関わっていきたい。
  • 保育施設重大事故検証報告書の提言を通し、安全に徹底して注意し、保育にあたらなければならないと意識した。
  • 冬に感染しやすい感染症の状況や特徴を確認しながらどのような対策をしたほうが良いか、具体的に学ぶことができた。標準予防策を意識して規則正しい生活を心がけながら感染症予防に努めていきたい。
  • 手指消毒、手洗い、マスク、換気の大切さを再確認した。”新しい生活様式”を受け入れて過ごしたい。
  • 子どもにはもともと育つ力があり、その芽を摘まないように関わっていきたい。相手を育てる人は自分も育ててもらっている”学び”という基本を忘れることなく園で共有していきたいと思う。
  • 一つの遊びでもさまざまな面で発達に繋がることを再確認した。月齢やその子の発達に合った豊かな遊びを提供し、育ちの力になっていきたいと思う。
  • 朝食の大切さは子どもだけではなく、保護者の方にも伝えていけるようにしたいと思う。
  • 食物アレルギー対応について、改めて園の対応を見直していきたい。

第1回・第2回認可外保育施設職員研修会

令和2年10月17日(土曜日)、18日(日曜日)に、福島市保健福祉センター5階大会議室で、令和2年度認可外保育施設職員研修会を開催しました。

この研修会は、保育の質の向上を図り、児童が安心して成長できる環境づくりに寄与することを目的に開催しております。

今回は、下記の内容で研修を行い、当日は市内の認可外保育施設の職員およそ30名が参加しました。

項目 講師

保育所保育指針に沿った保育について

市立認定こども園

副園長

保育施設における感染症対策

市保健所健康推進課

保健師

子どもの発達と遊びについて

市立認定こども園

園長

乳幼児の食事と食物アレルギーについて

市幼稚園・保育課

幼保指導係栄養士

研修会の様子

1017-1

1017-3

1017-5

1017-2

1017-6

1017-6

参加者の感想

  • 個性を見て子ども主体の保育ができるような環境設定や保育について、園でもより良い保育ができるように話し合い、実行していきたい。
  • ”保育は子どもたちの人生に大きな影響を与える”ということを改めて痛感した。市の重大事故検証報告書を胸が痛む思いをしながら熟読した。十分留意して仕事にあたりたい。
  • 今までの感染症に加え、新型コロナウイルス感染症への対策を園でも徹底できるよう、今回の内容の周知をしていきたい。
  • 感染症予防・対策について理解できた。手指消毒等で予防し、保育につとめたいと思った。
  • 唱えうた、わらべうたなど知らなかったものばかりだった。具体的ですぐにできそうな遊びを教えてもらえてよかった。
  • 子どもの発達を促すために少し先回りした保育をしてしまいがちだったので、ゆっくり今の発達でできることを大切にしながら興味を伸ばし、次に進めていけるようにしたいと思った。
  • 子どもにとって遊びとは、自己表現やいろいろな能力を育むことのできる、必要でとても大切なことだと知ることができた。私たち保育士は子どもが夢中になって遊べる環境を作っていかないとと思った。
  • 食育は大切だということが改めてわかった。食物アレルギーについても、エピペンの使い方や対処法について正確に理解し、対応できるように今後したいと思った。
  • 朝食を食べない子どももいるため、朝食の大切さなどの食育に関することも子ども達に伝えていきたいと思った。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部幼稚園・保育課幼保指導係

福島市森合町10番1号 福島市保健福祉センター内

電話番号:024-572-3122

ファックス:024-572-3419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?