ホーム > 市政情報 > 予算 > 当初予算の概要

ここから本文です。

更新日:2022年2月18日

当初予算の概要

令和4年度当初予算の概要

~反転攻勢~ 総合計画2年目 新たな復興創生ステージへ

新型コロナウイルス感染症を乗り越え、『共創』を基本に、東日本大震災・原発事故からの復興・創生を牽引し、 将来に向けて夢が持てる新しい福島の創生に向け『反転攻勢』をかけるべく、施策・事業を確実かつ迅速に実行する予算を編成しました。04

令和3年度に引き続き『新型コロナ対策とコロナ後を見据えた変革』に最優先に取り組むとともに、『福島の未来をひらく4分野』(①安全安心なまちづくり、②子育てと教育で選ばれるまちづくり、③将来にわたり持続可能な産業の創出、④心豊かに楽しめる賑わいと文化の振興)に予算を重点配分するなど、新たな復興創生ステージに向けた積極型予算です。

 

ダウンロードはこちら

 

令和3年度当初予算の概要

東日本大震災から10年

新型コロナを克服し、市民との「共創」により新ステージへ

新型コロナウイルス感染症対策に「スピード」と「実行」でしっかりと取り組み、課題に向き合い、感染拡大の防止と経済活動の両立を目指します。
丸10年を迎える東日本大震災及び原子力災害の記憶と教訓を継承し、感謝の気持ちと合わせて発信し、この経験を活かしながら新しい復興・創生へのチャレンジを続けます。

これらをふまえ、市民との良好な対話による『共創』を基本に、新しい総合計画のもと、福島市を将来に向けて夢が持てる新ステージへと飛躍させるため、

  • ひと・暮らしいきいきふくしま
  • 産業・まちに活力ふくしま
  • 風格ある県都ふくしま

3つの政策目標を中心とした施策・事業を確実かつ迅速に実行する予算を編成しました。

特に、新型コロナウイルス感染症対策の強化等、10年先を見据えた重点プログラムに位置づけた事業に予算を重点配分するなど、健全な財政運営を基調として、新たな復興創生ステージへのスタートを切るための積極型予算です。

 

ダウンロードはこちら

 

過去の当初予算の概要

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

財務部財政課財政第一係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3704

ファックス:024-536-1876

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?