ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

はじめに

福島市岡島地区の宮畑遺跡は、自然の中で生きた宮畑縄文人のむらあとです。平成10年度から進めてきた調査によって、今から数千年前の宮畑縄文人のむらの様子やくらしが明らかになってきました。

しかも、全国的にも大変珍しい、そして貴重な縄文時代のむらのあとであることがわかりました。

宮畑縄文人は、自然のことをよく知り、自然の恵みとともに生き、助け合いながら暮らしていました。

そして、宮畑縄文人は、私たちに当時のくらしの様子やくらしの知恵など、たくさんの情報を残してくれました。

これは、宮畑縄文人から私たちへのメッセージをまとめたものです。

ぜひ、宮畑縄文人の世界にふれてみてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?