ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 遺跡 > 宮畑縄文人からのメッセージ > 写真資料室 > 縄文晩期の宮畑むら~大きな四つの柱穴の謎(なぞ)~

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

縄文晩期の宮畑むら~大きな四つの柱穴の謎(なぞ)~

掘立柱建物跡の写真

ドーナツ形の南側にある掘立柱建物跡(ほったてばしらたてものあと)

ロープで結んだ4つの穴が建物の柱を埋めた穴です。ロープが重なり合っているので、何回か立て直されていることがわかります。

埋甕群の写真

掘立柱建物跡の近くで見つかった埋甕群

黄色の”はし”が立っているところが埋甕(うめがめ)です。上記写真の掘立柱建物跡のすぐそばで見つかりました。古い埋甕を壊して埋めた埋甕もあります

埋甕が埋まっているようすの写真

埋甕が埋まっているようす。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?