ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

中期のむらの家

今の家は地面の上に建っていますが、縄文時代の家は地面を掘りくぼめて作った竪穴住居(たてあなじゅうきょ)でした。

大きさは直径が4メートルで、上から見ると丸い形をしています。

家の屋根は、木や木の枝などで作られ、土がのせられていたようです。

今の家のように、家の中は区切りがなく一つの部屋しかなく、夏は涼(すず)しく、冬は暖(あたた)かい家でした。

竪穴住居の作り方

地面を掘り、柱をたてて、屋根を作ります。この後、屋根に土をのせて完成です。

御所野遺跡(ごしょのいせき)(岩手県一戸町)で復元された中期の家(竪穴住居)

木や枝で骨組(ほねぐみ)や屋根を作り、屋根の上には土をのせています。しばらくすると写真のように草が生えてきます。屋根の上には、煙を出す窓があります。

復元された中期の家の写真

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課埋蔵文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?