ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

じょーもぴあ宮畑とは

じょーもぴあ宮畑とは

じょーもぴあ宮畑は、縄文時代中期から晩期までの約2,000年間にわたる、縄文時代の人々の生活を現在に伝える遺跡である「国史跡宮畑遺跡」を整備した公園で、平成27年8月8日に全面開園しました。

宮畑に暮らした縄文人の四季や暮らし、まつりなどをわかりやすく解説している体験学習施設(愛称:じょいもん)があり、火おこしや勾玉づくりなど、豊富な縄文体験メニューがあります。

また、屋外には、復元建物や露出展示棟、休憩棟、炊事棟、遊具、広い芝生の広場などを整備しておりますので、縄文時代の暮らしを感じながら、様々な体験学習、園内の散策やお子様の遊び場として、ぜひご利用下さい。

国史跡宮畑遺跡の概要

  • 指定年月日 平成15年8月27日
  • 指定面積 41,719.30平方メートル
  • 所在地 福島市岡島字宮田78ほか

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化課埋蔵文化財係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?