ホーム > くらし・手続き > 税金 > 税の納付 > 市税等の口座振替

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

市税等の口座振替

市税等の納付は便利で確実な口座振替で

便利・納期ごとに金融機関に出向く必要がありません。
確実・納め忘れがありません。(預貯金口座から自動的に納付。)※納期前に残高をご確認ください。
なお、一度申込みをされますと、翌年度以降も継続されますが、下記の理由によっては解約扱いとなることもあります。

  1. 口座名義人が亡くなられた場合
  2. 振替不能がしばらく継続した場合
  3. 一定期間(おおむね3年間)振替がなかった場合
  4. 納税義務者が変更になった場合

口座振替できる市税等の種類

税金

  1. 市・県民税(特別徴収を除く)
  2. 固定資産税・都市計画税
  3. 軽自動車税 (種別割)
  4. 国民健康保険税(特別徴収を除く)

その他

  1. 市営住宅使用料
  2. 下水道事業受益者負担金
  3. 下水道使用料(井戸水)
  4. 農業集落排水事業分担金
  5. 農業集落排水施設使用料
  6. 介護保険料(特別徴収を除く)
  7. 保育所保育料
  8. 後期高齢者医療保険料(特別徴収を除く)
  9. 母子父子寡婦福祉資金貸付金償還金

特別徴収とは給与や年金からの天引きにより納める方法です。

なお、国民健康保険税及び後期高齢者医療保険料の年金からの特別徴収対応のかたは、口座振替のお申し込みと併せて、別途振替方法変更のお手続きをいただければ口座振替にすることができます。

申込方法

  • 新規申込
    口座振替を希望する金融機関・ゆうちょ銀行または郵便局の窓口に「口座振替依頼書(自動払込利用申込書)」をご提出ください。
  • 口座振替金融機関等の変更
    新たに口座振替(自動払込)を希望する金融機関・ゆうちょ銀行または郵便局の窓口に上記「依頼書」をご提出ください。
  • 口座振替の解約
    口座振替をおこなっている金融機関・ゆうちょ銀行または郵便局の窓口に解約届(上記「依頼書」と同じ用紙)をご提出ください。(後日、納付書を送付します。)

持参するもの

  1. 預貯金通帳
  2. 口座の届出印
  3. 納税通知書(通知書番号がわかるもの)

依頼書には、市内の金融機関・ゆうちょ銀行または郵便局・市役所各支所の窓口に備え付けてあるA4判・3枚複写式と、納税通知書に綴じ込まれている横長のカード(2枚)式の2種類があります。

福島市外にお住まいのかたについては、金融機関・ゆうちょ銀行または郵便局の窓口に依頼書がありませんので、納税課へご連絡ください。依頼書を送付します。

固定資産税など共有名義で納税通知書番号が複数ある場合には、通知書番号ごとにお申し込みが必要となります。

市税等取扱金融機関一覧

また、市窓口でも簡単にお申込みすることができます。
ペイジー口座振替受付サービスについて

口座振替の開始時期

  • 金融機関の場合
    申し込まれた翌月末から振替開始となります。
  • ゆうちょ銀行または郵便局の場合
    申し込まれた翌々月末から振替開始となります。

全期一括振替の場合、申込年度の第1期に間に合わないと、翌年度からの振替となりますのでご注意ください。

市役所から「口座振替開始通知書」を送付いたしますので、内容等をご確認ください。

口座振替期ごとの申込期限について

市税等の口座振替結果の確認方法について

市税等の口座振替結果は、預貯金通帳の記帳により確認をお願いします。

平成23年度までは、口座振替領収証書の発行をもって口座振替結果の通知をおこなっておりましたが、経費の節減、省資源化の推進および最近の社会情勢の動向等から、廃止させていただきました。ご理解とご協力をお願いします。

軽自動車税(種別割)の納税証明(車両検査用)は今後もお送りします。

市・県民税申告・確定申告には領収証書等の「添付」は必要ありません。市・県民税申告・確定申告以外で口座振替領収証書が必要となる場合には、口座振替をご利用の金融機関の窓口にて発行します。なお、福島市外およびゆうちょ銀行では対応できません。福島市外およびゆうちょ銀行をご利用のかたで口座振替領収証書を希望される場合には、納税課にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

財務部納税課納税管理係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3717

ファックス:024-535-7500

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?