ホーム > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 社会福祉 > 社会福祉基金 > 社会福祉基金のご案内

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

社会福祉基金のご案内

社会福祉基金とは

昭和47年に市民参加の社会福祉を目的として生まれ、市の積立金や市民の善意の寄附金をもとに、愛の手をさしのべようとする制度です。昭和49年度から積立金の運用を開始しております。

令和4年度運用事業のお知らせ

令和4年度の運用事業として下記の事業を実施します。

児童利用施設事業費補助交付事業

市内の学童クラブや児童センターに事業費を補助します。(令和元年度から4年かけて1施設1回交付)

福祉団体等事業費補助交付事業

市内の福祉団体5団体程度を公募し、事業費を補助します。

今年度の募集は令和4年4月1日から6月30日までです。

福祉団体事業費補助のお知らせ(PDF:201KB)

【申請書類】

 

産業災害等遺児激励金交付事業

産業労働災害または不慮の事故(交通事故を除く)により両親もしくはそのいずれかを失った遺児(福島市に住民登録のある方)で、小学6年生及び中学3年生の児童生徒の保護者へ激励金の交付を行います。


令和4年度につきましては、後日改めてご案内いたします。

高齢者福祉施設授産製品寄贈事業

高齢者が入所する施設に対し、授産製品を寄贈します。

昨年度の運用状況

皆様からおよせいただいた浄財は、令和4年3月末日現在で423,746,159円に達しており、昨年は福祉団体や児童利用施設等への事業費補助金、高齢者施設に授産製品を寄贈する事業費として、基金を使わせていただきました。

 

収支状況
令和2年度末 令和3年度中増減額(R4.3月末日現在) 令和3年度末
残高 寄付金 利子 基金運用繰出額 基金積立額 残高
(1) (2) (3) (4) (2)+(3)-(4)=(5) (1)+(5)

423,194,776

2,252,607 19,461 1,720,685 551,383 423,746,159

 

令和3年度福島市社会福祉基金のつかいみち

項目 件数 単価(円) 給付額(円)

産業災害等遺児激励金交付事業

0

50,000

0

福祉団体等事業費補助事業 2 200,000

児童利用施設等事業費補助

23 上限47,500 1,067,675
高齢者施設授産製品寄贈事業 11 上限47,500 453,010
合計 36   1,720,685

福祉団体等事業費補助は、1団体あたり事業費の2分の1を補助。上限は100,000円。

寄附金を募集します

上記事業等を通じ、社会福祉の推進のため寄附金を募集します。

寄附の方法

福島市役所共生社会推進課へお問い合わせください。

その他

税制上の取り扱いについて

所得税及び住民税の寄附金控除を受けることができます。なお、この寄附に係る寄附金控除の手続き以外に確定申告が不要な給与所得者等で、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合、確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」にも該当します。

寄附金税額控除について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 共生社会推進課 地域福祉係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3760

ファクス:024-535-7970

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?