ここから本文です。

更新日:2017年9月22日

応急手当の仕方

私たちは、いつ、どこで、突然ケガや病気におそわれるか予測できません。
このようなとき、病院に行くまで、家庭や職場でできる手当てのことを「応急手当」といいます。ここに、応急手当の方法を紹介します。
ここを読んでイメージをつかんでいただけたら、次はぜひ救命講習会に参加してください。左画面の講習会案内で詳細を紹介しています。

心肺停止の場合

 

安全を確認する

  • 周囲の安全を確認し、自分の安全を確認してから近づく

      安全確認 

意識があるかを確認する

  • 「もしもし」などとよびかけながら、肩などを軽くたたき、反応を確認する
    呼びかけ

意識がない場合助けを呼ぶ

  • 119番通報とAEDを手配する
    助けを呼ぶ

呼吸を確認する

  • 胸やお腹の動き見て普段どおりの呼吸をしているかどうかを確認する(※確認に10秒以上かけない)

       /kyukyucenter/bosai/shobo/kyukyu/images/11618.png

呼吸がない場合は胸骨圧迫をおこなう

胸骨圧迫(心臓マッサージ)を30回

  • 胸の真ん中を押す(胸骨の下半分)
  • 強く押す(胸が約5cm沈む位)
  • 早く押す(1分間に100回から120回のリズム)
  • 絶え間なく押す(胸骨圧迫の中断は最小限にする)
  • 圧迫解除は完全に胸を元に戻す
    胸骨圧迫 圧迫部位
  • 小児は両手または片手で押す(胸の厚さの約3分の1が沈む位)
    胸骨圧迫 小児
  • 乳児は指2本で押す(胸の厚さの約3分の1が沈む位)
    胸骨圧迫 乳児

人工呼吸を2回

  • 気道を確保し鼻をつまむ
  • 1秒かけて口から息を吹き込む(2回)
  • 胸の上がりが確認できる程度とする
  • 過剰な換気を避ける
  • 口対口の人工呼吸がためらわれる場合には省略可能
    人工呼吸

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返す

  • 救急隊が到着するまで繰り返す
    30対2
  • AEDを使用する場合はAEDのメッセージに従う

大出血時の止血法

体内には、体重の8パーセント(体重60キログラムで4.8リットル)の血液が流れています。血液の20パーセントが急速に失われると出血性ショック、30パーセントを失うと生命に危険を及ぼすといわれています。

直接圧迫止血法

きれいなガーゼ、ハンカチなどで傷口に当て手で圧迫する(感染防止のため、ゴム手袋やビニール手袋などを使って、直接血液に触れないよう注意する)

ショックに対する応急手当

ショック症状とは

  • 目はうつろとなる
  • 呼吸は速く浅くなる
  • 脈拍は弱く速い
  • 冷汗が出る
  • 表情はぼんやりしている(無欲状態)
  • 唇は紫色か白っぽい(チアノーゼ)
  • 体はこきざみに震える

ショックに対する応急手当

  • 傷病者を水平に寝かせる
  • 毛布等を膝の下に入れ両足を30センチメートルぐらい高くあげる
  • ネクタイやベルトをゆるめる
  • 毛布や衣服をかけ保温する

熱傷(やけど)に対する応急手当

熱傷の程度

  • 1度…皮膚が赤色になる
  • 2度…皮膚に水泡または、水泡が破れる
  • 3度…皮膚が白くなる

1度や部分的な2度の熱傷は冷却する

  • できるだけ早く、きれいな冷水で15分以上痛みがなくなるまで冷やす
  • 十分冷やしてからきれいなガーゼを当てる
  • 衣類を着ている場合は、衣類ごと冷やす
  • 水泡を破らないよう注意する
  • 薬品を塗ってはならない

広い範囲の2度や3度の熱傷のときは被覆する

  • 広い範囲の熱傷の場合は、きれいなシーツ等で体を包む
  • 3度の狭い範囲の熱傷は、きれいなガーゼやタオル等で被覆する
  • 重症の熱傷は、冷やすことに時間を費やさず、早く医師の処置を受ける

このページに関するお問い合わせ先

消防本部救急課 

福島市天神町14番25号

電話番号:024-534-9106

ファックス:024-534-0310

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?