ホーム > 施設案内 > 観光施設・歴史遺産 > 土湯温泉公衆浴場「中之湯」

ここから本文です。

更新日:2020年1月6日

土湯温泉公衆浴場「中之湯」

「東北三大こけし発祥の地」として有名な土湯温泉において、老朽化のため休業していた公衆浴場「中之湯」が、国土交通省の社会資本整備総合交付金を活用した整備により、平成30年4月26日(よいふろのひ)にリニューアルオープンしました。土湯温泉の新たなシンボルとして皆さまのお越しをお待ちしております。四季折々の豊かな自然とともに「美肌の湯」を是非ご堪能ください。

中之湯外観

大浴場

貸切風呂

足湯「きぼっこの湯」

住所

福島市土湯温泉町字下ノ町5番地

電話番号

024-563-3991

営業時間

午前9時から午後9時

定休日

毎週火曜日

利用料金

【入浴券】
大人(12歳以上)500円、子ども(1歳以上12歳未満)250円
【回数券(12回券)】
大人(12歳以上)5,000円
子ども(1歳以上12歳未満)2,500円
【貸切風呂(1団体50分)】
1部屋1,500円(定員概ね3名)
※上記入浴券に加算

施設概要

【地下1階】
男女大浴場(露天風呂・一般湯・熱い湯)、貸切風呂1(福寿の湯)、貸切風呂2(楽寿の湯)
【1階】
玄関ロビー、受付フロント、休憩室(洋室・和室)、トイレ(男女・身障者用)、屋外トイレ
【2階】
貸切風呂3(翡翠の湯)、貸切風呂4(琥珀の湯)
窓を開けると荒川のせせらぎと山肌の景色を堪能できます。
【その他】
広場には無料でご利用いただける足湯「きぼっこの湯」があります。

泉質・効能

すべての浴槽が源泉かけ流しで、単純泉と炭酸水素塩線の2種類の泉質をお楽しみいただけます。特に炭酸水素塩泉はアルカリ性で角質を軟化し、肌が滑らかになることから「美肌の湯」と呼ばれています。大浴場の熱い湯と貸切風呂1・2には地下から湧く3つの源泉を注いでいます。
【単純泉】
(効能)自律神経不安症、不眠症、うつ状態など
(浴室)男女大浴場(露天風呂、一般湯)、貸切風呂3、貸切風呂4
【炭酸水素塩泉】
(効能)きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症、うつ状態など
(浴室)男女大浴場(熱い湯)、貸切風呂1、貸切風呂2

駐車場

82台
(土湯温泉町支所前11台、上ノ町駐車場6台、観光交流センター駐車場63台、中之湯前駐車場2台(身障者用))
※台数に限りがありますので公共交通機関をご利用ください。

交通案内

【車】福島西インターから約20分
【路線バス】福島駅東口から「土湯温泉」行、約40分

その他

休憩室は1回1時間以内のご利用にご協力願います。
館内での飲酒、食物の持ち込みはご遠慮ください。
浴室に備え付けのシャンプー、リンス、石鹸等はございません。脱衣室のドライヤーはお使いいただけます。

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部観光コンベンション推進室温泉地振興係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-572-5717

ファックス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?