ホーム > くらし・手続き > 税金 > 市民税等 > 個人市民税・県民税 > 申告と納税の方法 > 平成30年度給与支払報告書(総括表・個人別明細書)の提出

ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

平成30年度 給与支払報告書(総括表・個人別明細書)の提出

給与支払報告書の提出について

給与の支払者(事業主)は、給与受給者(従業員)へ源泉徴収票を交付するとともに、市に、給与支払報告書(総括表・個人別明細書)の提出が必要です。

  1. 作成対象者 
    • 平成29年中に支払われた給与があるかた

    (平成28・29年の退職者や、短期雇用・アルバイト・パート等のかたも含みます。)

    ※支払給与総額が30万円以下であっても大切な課税資料になりますので、提出のご協力をお願いします。
  2. 提出先
    給与の支払いを受けているかたの平成30年1月1日現在住民登録をしている市町村(または実際にお住まいの市町村)にご提出ください。
  3. 提出期限
    平成30年度の給与支払報告書の提出期限は平成30年1月31日(水曜日)です。

    提出期限間際は窓口が大変混み合いますので、平成30年1月19日(金曜日)頃までの早期提出にご協力お願いいたします。

なお、平成28年度より、個人市民税・県民税の特別徴収一斉指定を実施しております。事業主の皆様には、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

「特別徴収一斉指定」について詳しくはこちらをご覧ください

福島市提出用の総括表について

給与支払報告書を福島市へ提出される場合は、福島市提出用総括表の様式をご使用ください。

平成29年度給与支払報告書の提出実績がある事業所様には、平成29年12月4日付で福島市提出用総括表をお送りしております。ただし、eLTAXでご提出いただいた事業所様には、福島市提出用総括表をお送りしておりませんのでご了承ください。

 福島市提出用総括表・普通徴収理由書兼仕切紙ダウンロード(PDF:350KB)

 総括表の書きかた(記入例)(PDF:388KB)

個人別明細書の書きかたについて

平成30年度の様式をご使用ください。

 個人別明細書の書きかた(PDF:327KB)

給与支払報告書提出後の徴収区分変更について

給与支払報告書の提出後に、退職や転勤等の異動があった場合は「給与所得者異動届出書」を、採用や再雇用等により新たに特別徴収するかたがいる場合は「普通徴収から給与所得等に係る特別徴収への切り替え申請書」を、平成30年4月16日(月曜日)までにご提出ください。

4月採用等で特別徴収予定者がいる場合は、6月の普通徴収の通知(個人宛)を待たずに、先に切り替え申請書の提出をお願いします。提出が遅れますと、6月からの特別徴収に間に合わない場合がありますのでご注意ください。

地方税電子申告サービス(eLTAX)をご利用ください

基準年(前々年)の源泉徴収票の提出枚数が1,000枚以上の給与支払者は、平成26年1月1日以降に提出する給与支払報告書について、光ディスク等またはeLTAXによる提出が義務付けられています。

なお、eLTAXをご利用されますと給与支払報告書の提出のほか、申請・届出、法人市民税、償却資産の各種申告がインターネット経由で可能になり、事務の軽減につながります。

eLTAXによる電子申告についてはこちらをご覧ください

個人事業主様がeLTAXを利用される際の個人番号確認書類について

平成30年以降、取り扱いが変更となりますので、内容詳細については、地方税電子化協議会ホームページ「地方税電子化協議会が行う番号確認について」(外部サイトへリンク)によりご確認ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

財務部市民税課市民税第一係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3791

ファックス:024-528-2480

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?