ここから本文です。

更新日:2017年12月22日

友好都市・交流都市の紹介

友好都市

東京都 荒川区

戦時中、本市で荒川区の集団学童疎開を受け入れており、平成6年に本市で開催した「集団学童疎開50周年記念式典」を契機に、自治体間の交流が始まりました。

平成18年「災害時における相互応援に関する協定」を締結。

平成28年「荒川区・福島市友好都市協定」を締結。

交流都市

山口県 山口市

平成10年に本市在住の詩人、和合亮一氏が中原中也賞(山口市主催)を受賞し、平成19年に「中也生誕100年祭」を本市において開催したことを契機に、詩をテーマとした交流を行っています。

平成26年からは、お互いの市で行われている「夏祭り」にブース出店をおこなうなど、交流のテーマを広げています。

平成23年から平成28年まで、東日本大震災に伴い山口市から応援職員を派遣していただきました。

平成25年2月7日「災害時相互応援協定」を締結。

長崎県 長崎市

福島市名誉市民の古関裕而氏と長崎市の医学博士で随筆家の永井隆氏との交流があったことから、平成20年、平成21年に福島市古関裕而記念館、長崎市永井隆記念館のお互いの所蔵品の貸借を行ったことを契機として交流を行っています。

平成23年から平成28年まで、東日本大震災に伴い長崎市から応援職員を派遣していただきました。

平成25年2月6日「災害時相互応援協定」を締結。

このページに関するお問い合わせ先

市民安全部定住交流課都市間交流係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3739

ファックス:024-533-5263

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?