【注意】水道工事における試掘等の作業の留意点

水道工事における試掘等の作業の留意点について掲載いたしますので、細心の注意をはらって施工願います。

1.試掘等の作業にあたっては地下埋設物の管理者に対し、作業前の埋設物確認を徹底して行ってください

受注者は、地下埋設物の管理者に対し、作業前に埋設物の確認(位置、深度、規格・重要度等)を行ってください。

※地下埋設物の管理者とは、占用物(水道管、下水道管、ガス管、電力線、NTT線等)、電線共同溝(CAB等)、通信ケーブル等(国交省、警察等)の管理者 のことです。

2.試掘等の作業時(舗装切断を含む)は地下埋設物の管理者の立会い・指導のもと行ってください

相手先より「立会いができない」、「立会不要」との回答の場合はその理由等を必ず確認してください。 

受注者は協議記録(日時、相手先、担当者、確認結果(立会不要理由等を含む)を作成し、地下埋設物の管理者へ提出し、互いに確認の上、保管してください。

3.地下埋設物の存在及び位置、埋設深さ等地下の状況が不明な場合の対応

(1)地下埋設物の存在及び位置、埋設深さ等地下の状況が不明な場合

地下埋設物の管理者と舗装切断・取壊し・地下掘削方法等の協議を行い、立会・指導を受けながら作業を進めてください。

(2)地下埋設物の位置や状況が不明な場合

地下埋設物の管理者から舗装切断のカッター深さの指示や、舗装版の取り壊し・地下の掘削等を手作業で行うよう指示されることがありますのでそれに従ってください。

4.作業実施にあたっては公共工事関連法令及び道路使用許可条件等を遵守してください

5.上記試掘作業等の具体的な手順・計画は着手前に、試掘計画書に添付または施工計画書に記載し提出してください

お問い合せ先
連絡先 建設課 
TEL 024-535-1132