「水道事業ガイドライン」に基づく業務指標の試算結果

福島市水道局では、水道サービスのさらなる向上を目指して、「水道事業ガイドライン」に基づいた業務指標(PI:Performance Indicator)を試算しましたので、お知らせいたします。

水道事業ガイドラインとは

水道事業ガイドラインは、水道事業のサービス内容を共通指標によって数値化する国内規格として、平成17年1月に日本水道教会(JWWA)の規格として制定、新水道ビジョンの策定や水質基準などの法令改正等を業務指標(PI)に反映させるため、平成27年3月に改正された。今回の改正により当初の137項目から27項目を削除し、9項目が追加され全部で119項目となった。

水道事業サービスの目標 指標の数 指標番号
安全で良質な水 運営管理 水質管理 9 A101~A109
施設管理 5 A201~A205
事故災害対策 2 A301~A302
施設整備 施設更新 1 A401
安定した水の供給 運営管理 施設管理 17 B101~B117
事故災害対策 11 B201~B211
環境対策 6 B301~B306
施設整備 施設管理 2 B401~B402
施設更新 5 B501~B505
事故災害対策 16 B601~B613
健全な事業経営 財務 健全経営 27 C101~C127
組織・人材 人材育成 7 C201~C207
業務委託 2 C301~C302

お客様とのコミニュケーション

情報提供 3 C401~C403
意見収集 6 C501~C506
合   計 (119項目)  

試算結果

水道局では、過去3ヵ年度(平成29~令和元年度)の水道事業ガイドラインに基づく業務指標(PI)の試算結果を公表しております。

水道事業ガイドラインに基づく業務指標(PI)の試算結果

AdobeReader画像【PDFファイルについて】
PDFファイルの表示や印刷には、アドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版が無償で入手できます。

今後の活用

水道局では、令和7年度(平成37年度)を目標年度とした「ふくしま水道事業ビジョン」に基づいて実施される各施策目標の進捗管理などに水道事業ガイドライン業務指標を活用し、PDCAサイクル(計画→実施→評価→改善)により、適切な計画の見直しを実施していきます。

お問い合せ先
連絡先 営業企画課 広報営業係
TEL  024-535-1120