ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

古関裕而生誕100年 ゆかりの地 MAP (12)から(15)

(12)古関裕而生誕の地 記念碑(福島市大町)

古関裕而氏の生家「喜多三(きたさん)呉服店」跡地(現在、日興コーディアル証券福島支店前)。
平成10年5月に、レンガ通り道路整備完成を記念して、福島市大町に「生誕の地」記念碑が建てられました。午前9時・正午・午後3時の3回、「さくらんぼ大将」「とんがり帽子」「阿武隈の歌」が流れます。

古関裕而生誕の地 記念碑(福島市大町)の写真

(13)平和通り時計塔(国道13号平和通り 中央分離帯)

建設省福島工事事務所(現国土交通省福島河川国道事務所)の創立60周年に合わせ、昭和55年に設置されました。平和を祈る合掌した人の手のデザインのため、「合掌の碑」とも呼ばれています。「福島夜曲」のオルゴールが1日5回、午前8時、正午、午後3時、午後5時、午後9時に流れます。
平成10年に平和通り地下駐車場建設工事のため、一時撤去されていましたが、平成19年に復元されました。

和通り時計塔(国道13号平和通り 中央分離帯)の写真

(14)ポケットパーク(わかさや呉服店脇 福島市本町)

平和通りとパセオ通りの交差点付近に、(13)平和通り時計塔の復元を記念して、平成19年に国土交通省河川国道事務所により、整備されました。
「福島夜曲」「さくらんぼ大将」「高原列車は行く」がいつでも聞けるメロディボックスが設置されています。

ポケットパーク(わかさや呉服店脇 福島市本町)の写真

(15)阿武隈の歌 歌碑(板倉神社 福島市杉妻町)

若山牧水が詠んだ詩に古関裕而氏が曲をつけた「阿武隈の歌」の歌碑。
若山牧水が来福して50年の節目の年:昭和41年に、有志によって福島県庁東側の板倉神社境内に歌碑が建立され、さらに昭和45年に古関裕而氏作曲の楽譜を刻んだ「曲碑」が設置されています。

阿武隈の碑 歌碑(板倉神社 福島市杉妻町)の写真

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課文化振興係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?