ホーム > 市政情報 > 福島市議会 > 福島市議会の取り組み > 各常任委員会の活動(所管事務調査)

ここから本文です。

更新日:2022年5月17日

各常任委員会の活動(所管事務調査)

所管事務調査について

各常任委員会は、テーマを設定し、約1年から2年の期間にわたり調査を行っております。(常任委員会については、議会用語一覧をご参照ください。)

本会議において委員長が調査の経過や結果の報告を行い、それに基づき議会は、市長等に対し積極的な政策立案と政策提言をしております。

市長等への政策提言書と各常任委員会の会議録については下記よりご覧ください。

現在調査中の所管事務調査について

総務常任委員会

  • 「災害時における市の役割・市民の役割に関する調査」【令和4年1月~】

   目的:近年頻発する自然災害などに対する備えは以前に増して重要となっている。本市では危機管理室を市長直轄組織とし、

      災害対策オペレーションシステムや屋外スピーカー等を整備するなど、体制の強化を進めている。

      しかし、最終的に市民の生命を守るためには市民自身の避難等の行動が必要であり、いかに市の発する情報が正確に

      市民に伝わるか、また、それにより市民の必要な行動に繋げることができるかが重要である。

      よって、災害時に市、市民双方が互いに必要な行動をとり、市民の的確な避難等の行動に繋げ、被害の軽減に

      資することを目的とする。

 

文教福祉常任委員会

  • 「児童虐待防止への取組に関する調査」【令和4年3月~】

   目的:令和2年度中に全国220か所の児童相談所が児童虐待相談として対応した件数は205,044件と過去最多となっている

      現状において、重篤な児童虐待事件を引き起こさないための、本市の児童虐待防止への取組に関する調査を行う。

経済民生常任委員会

  • 「郊外型大型商業施設開業に伴う本市への影響と対策に関する調査」【令和4年2月~】

   目的:令和6年に近隣自治体に郊外型大規模商業施設が開業予定であり、本市経済等への影響が懸念される。

      このことから想定される影響と対策について調査を進める。

建設水道常任委員会

  • 「除雪に関する調査」【令和4年2月~】

   目的:昨今の異常気象に伴い突発的に発生する大雪被害に対し、市民と行政が連携し、除雪の取組を進めていくことが

      重要となっている。このことから、除雪の取組について調査を行うことにより、降雪による市民生活や社会活動への

      支障を低減し、安心安全な道路環境の保全を図るため、本市の除雪対策の推進に資することを目的とする。
 

各常任委員会の委員長報告について

総務常任委員会

文教福祉常任委員会

経済民生常任委員会

  • 「有害鳥獣による農作物被害対策に関する調査」【令和2年10月~令和3年5月】

    ・委員長報告【令和3年6月定例会議】(PDF:454KB)

  • 「古関裕而氏を活かしたにぎわいの創出に関する調査」【令和元年10月~令和2年9月】

          ・委員長報告【令和2年9月定例会議】(PDF:435KB)

建設水道常任委員会

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

議会事務局議事調査課調査係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3776

ファックス:024-534-2520

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?