ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光地域づくり・支援 > 福島市地域資源を活用した観光コンテンツ創造支援事業

ここから本文です。

更新日:2022年7月25日

福島市地域資源を活用した観光コンテンツ創造支援事業

観光需要の回復に向けた、市内の観光資源を活用した観光コンテンツの発掘、磨き上げ、商品造成などへの継続的な取り組みを支援するための補助金です。

sa

ura

対象者

市内事業者等で組織するグループ、地域づくり団体等

補助金の額

補助対象事業費の2分の1以内の額
(上限250万円・下限50万円)

対象事業

宿泊施設や旅行会社と連携が図れており、翌年以降も継続可能で、地域の観光客増につながる取組みであることを要件とします。


(1)総合型
・本市の地域資源を活かした観光商品、サービス開発及び販路開拓
・収益の地域内循環等が見込まれる訴求力のあるイベント等の開催
・地域資源の整備、改修等による観光資源としての魅力を高める取り組み


(2)新型コロナウイルス対応型
・感染症対策を徹底した新たな観光商品、サービス等の開発
・デジタルを活用した情報発信


(3)その他
・本市への観光誘客が見込まれる、市長が必要と認める事業

募集期間

令和4年7月22日(金曜日)~令和5年1月31日(火曜日)まで
(随時受付、予算がなくなり次第終了)

補助対象期間

補助金交付決定日~令和5年3月10日(金曜日)まで

期間内に事業を開始し、終了した上で支払いが完了したものが対象です。

補助対象期間外の経費は対象となりません。

交付決定日以降が補助対象期間となります。

 

補助対象経費

 

費目 経費の種類
報償費

講師・専門家への謝礼及びボランティアスタッフへの謝礼等

ただし、団体関係者は除く

旅費 講師・専門家を招聘するための宿泊代、交通費、通行料金等
需用費

チラシ・ポスター・報告書等の印刷費、材料費、消耗品等

(食糧費を除く)

役務費 通信運搬にかかる経費、保険料等
使用料及び賃借料 会場借上げ料、物品等のレンタル代等
備品購入費 50万円以内で汎用性がなく、事業の目的外使用になりえないものに限る。
委託費 会場設営費、ホームページ制作費等
負担金 研修参加費、研修受講料等
人件費 アルバイト等の賃金
感染症対策費 新型コロナウイルス感染症拡大防止に要する経費
(他の計費とは別途計上する賃借料、備品費、消耗品費、人件費等)
その他の経費 市長が特に当該事業実施に必要かつ適切と認める経費

 

なお、下記については補助対象外となります

食糧費 全ての食糧費
施設訪問先謝礼 謝金及び菓子折り等
事務所費 直接事業に使用するものでも、賃貸借契約による事務所費や個人宅を借りての事務所費は認められません
光熱水費 直接事業に使用した分の料金が不明確なもの
領収書のないもの

対象経費でも領収書のないもの

申請から補助金交付の流れ

(1)事前相談

事前相談をさせていただきます。下記からお申込みください。

福島市オンライン申請(外部サイトへリンク)

(2)申請書の提出
・(1)で確認した内容をもとに申請書類を作成しデータにて提出。※補助要件に合致しない場合や書類の不備があると受理できませんので、申請にあたっては、余裕をもってご提出ください。

(3)審査委員会による審査
・観光交流推進室内に審査会を設置し事業を審査

(4)交付決定
・交付決定し、申請者へ通知

(5)事業の実施
・活動状況の確認や助言等を実施

(6)事業の完了
・実績報告書の提出
・事業完了後20日以内又は令和5年3月10日(金曜日)までに実績報告書を提出

(7)額確定と交付
・実績報告書を審査し、補助金の額を確定
・補助金の交付

申請に虚偽や要綱の定めに違反した場合、交付の決定を取り消し、又は交付を受けた補助金を返還することとなります。

 

「福島市地域資源を活用した観光コンテンツ創造支援事業 補助金交付要綱」(PDF:236KB)

申請

(1)補助金等交付申請書(エクセル:38KB)

(2)事業計画書(ワード:46KB)

(3)収支予算書(ワード:56KB)

(4)団体の定款・規則・会則又はそれに準じるもの

(5)団体の役員及び会員の氏名、住所を記した名簿

(4)(5)がない場合、団体調書(ワード:40KB)を提出

交付決定後の事業計画の変更や中止

(1)補助事業等変更(中止・廃止)承認申請書(ワード:39KB)

(2)変更後収支予算書(ワード:64KB)

(3)その他必要な書類

事業に変更が生じた場合は、事前に観光交流推進室までご連絡ください。

事業の完了

(1)実績報告書(エクセル:37KB)

(2)収支決算書(ワード:63KB)

(3)事業報告書(ワード:39KB)

(4)補助対象経費に係る領収書等の写し

(費目ごとに整理し、データ化した上でご提出ください。日付や宛名等が不明な領収書は、補助金の対象になりません。)

補助金の交付

(1)補助金等交付請求書(RTF:90KB)

(2)請求書に記載の振込先口座の写し(口座番号とカナ氏名当の記載のあるページ)

(3)その他必要な書類

提出先

福島市 商工観光部 観光交流推進室

kankou@mail.city.fukushima.fukushima.jp

【提出の際の注意事項】

1.件名に「地域資源を活用した観光コンテンツ創造支援事業 申請 申請者名(団体名)」を入力してください。

(例)申請の場合「地域資源を活用した観光コンテンツ創造支援事業 申請 ふくしま太郎」

 実績報告の場合「地域資源を活用した観光コンテンツ創造支援事業 実績報告 ふくしま太郎」

2.書類への押印は不要です。

 

令和3年度の活用例

女沼チャンスクDAY(申請者:一般社団法人F-WORLD)

1.期間:令和3年10月23日(土曜日)~24日(日曜日)

2.内容:土湯地域の新たな観光コンテンツ造成を目的とし、土湯が有する地域資源を最大限に活かした、SUP&カヤック体験やトレッキングツアーなどと音楽によるエンターテインメントの提供を掛け合わせたイベントを実施。土湯温泉町周遊シャトルバスを運行し、宿泊案内も実施。 

 syuugou2 syuugou

ももりんリサーチツアー~今昔体験を通したお正月準備~(申請者:福島市フルーツラインエリア観光推進協議会)

1.期間:令和3年10月20日(水曜日)~令和4年2月20日(日曜日)

2.内容:地元の魅力再発見、発信を目的に市内ファミリー層向けモニターツアーの催行。郷土食「いかにんじん」の料理教室や果樹園の剪定枝を活用した燻製づくり等を実施。

 f w 

夜の果樹園2021林檎(申請者:夜の果樹園実行委員会)

1.期間:令和4年11月5日(金曜日)~7日(日曜日)

2.内容:夜の果樹園を活用し、りんごをライトアップすることで非日常感を提供。園内には、果樹園BARを設けて果樹園のりんごをふんだんに使用したホットワインやホットティーなどドリンクも提供。

e j 

UFOの破片特別企画展(申請者:いいの街なか活性化委員会)

1.期間:令和3年11月25日(木曜日)~令和4年2月18日(金曜日)

2.内容:国際未確認飛行物体(UFO)研究所と月刊ムーが連携し特別企画展を開催。福島市飯野町の地域資源であるUFOのサブカルチャーを生かした観光による交流人口の拡大、地域経済の活性化に取り組んだ。

d

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部 観光交流推進室 観光企画戦略係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-515-6012

ファクス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?