ここから本文です。

更新日:2022年7月13日

寄贈

児童図書をご寄贈いただきました

  • 国際ゾンタ福島ゾンタクラブ様より児童図書15冊(50,000円相当)をご寄贈いただきました。
    (平成14年から、寄贈いただいております。) 
  • 学校法人福島愛隣学園福島愛隣幼稚園様より児童図書22冊(30,000円相当)をご寄贈いただきました。
    (平成28年から、毎年寄贈いただいております。)
  • 福島中央ライオンズクラブ様より児童図書45冊(200,000円相当)をご寄贈いただきました。
  • 三菱UFJ銀行様より児童図書304冊(500,000円相当)をご寄贈いただきました。
  • 国際ソロプチミスト福島様より児童図書39冊(100,000円相当)をご寄贈いただきました。
    (昭和61年から、寄贈いただいております。)       
  • 株式会社クールテックサガワ様より児童図書74冊(200,000円相当)をご寄贈いただきました。
    (会社創立60周年の記念として、寄贈いただいております。)       
  • 八百板洋子様より児童図書270冊(240,000円相当)をご寄贈いただきました。
    (福島市飯野町出身で、作家・翻訳家としてご活躍されています。)       
  • 福島西ロータリークラブ様より児童図書96冊(300,000円相当)をご寄贈いただきました。

郷土資料の寄贈のお願い

より多くの皆さまに市や県の情報を提供するため、福島市立図書館では福島県・福島市に関する資料を収集しており、各種団体・個人で所有されている地域資料の寄贈をお願いしております。
保存用・閲覧用・貸出用として、3部頂ければありがたいのですが、無理な場合は1部でもかまいません。資料をお持ちの方は、ぜひご協力ください。

郷土資料とは・・・

  1. 福島県民の方が書かれた著作
  2. 福島県内について書かれた図書
  3. 福島県内の各種団体で書かれた資料(○○学校のあゆみ、会社概要、町内会史など)

寄贈図書文庫

寄贈図書一覧
文庫名 開設年 参考事項
網沢文庫 昭和62年 網沢利平氏(弁護士)が所持していた蔵書。昭和20年代後半から40年代にかけての判例集や法律関係書を中心に、約6,400冊の資料群。
渡辺文庫 昭和62年 渡辺到源氏所蔵の資料、約2,300冊。福島の芸術・文化を担った人で、美術書・歴史書・文学書等が中心。
菅野文庫 昭和63年 菅野廣氏の蔵書、約4,000冊。昭和40年代から50年代にかけての人文・社会科学から文学にわたるまで、全集や叢書などが中心。
菅野宏文庫 平成7年 菅野宏氏(福大名誉教授)所蔵の万葉集関係資料が中心、56冊。「万葉集全註釈」など万葉集を学ぶ資料が多い。
新開文庫 平成7年 新開眞一氏所蔵のものを夫人ゆり子氏より寄贈。農業関係資料が中心で他に文芸書など270冊余。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 図書館 図書サービス係

福島市松木町1-1

電話番号:024-531-6551

ファクス:024-531-5507

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?