ホーム > くらし・手続き > 住宅 > 補助・助成 > 木造住宅耐震化促進事業について

ここから本文です。

更新日:2022年9月1日

令和4年度木造住宅耐震化促進事業について

木造住宅の耐震診断・耐震改修等希望者募集のお知らせ

福島市では、地震による木造住宅の倒壊等の被害を防止し、市民の安全を確保するため、耐震診断・耐震改修等を希望する方を募集し、耐震診断者の派遣、耐震改修等工事費の一部を助成する事業を実施いたします。

耐震診断・耐震改修ともに令和4年度の募集は終了しました。

 

希望者募集の詳細につきましては、下記よりそれぞれのページへお進みください。

耐震診断者の派遣と耐震改修等工事費の助成を同時に申し込むことはできませんのでご注意ください。

木造住宅の耐震化のご案内(チラシ)(PDF:269KB)

 木造住宅の耐震診断希望者募集

木造住宅の耐震診断を希望する方を募集します。福島市が委託した建築士を派遣し、耐震診断を行います。
募集戸数

50戸程度(抽選)

募集期間

令和4年7月1日(金曜日)~7月29日(金曜日)まで(抽選)

※令和4年度の募集は終了しました

対象となる住宅
  • 所有者が自ら居住する若しくは住宅を購入し、購入者自らが居住する予定の専用又は併用住宅(住宅の用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1以上のもの)であること(借家は対象外)。
  • 昭和56年5月31日以前に着工または建築された住宅
  • 地上階数が3以下かつ400平方メートル未満のもの
  • 在来軸組工法、伝統的工法、枠組壁工法によって建築されたもの
  • 過去に、福島市による耐震診断等を受けていない住宅

在来軸組工法とは、柱・梁・筋かいなどを組み合せて骨組みをつくり、家を建てる工法

伝統的工法とは、木材を使用し、継手・仕口などによって組上げた金物に頼らない軸組工法

枠組壁工法とは、木造の枠組材に構造用合板などを緊結して壁・床をつくり、家を建てる工法(ツーバイフォー工法とも呼ばれる)

費用負担

住宅の面積により、以下の費用を負担していただきます。

  • 延床面積200平方メートル未満7,500円
  • 延床面積200平方メートル以上9,000円
申込方法

下記の募集案内・要綱を参照の上、必要書類を住宅政策課の窓口にご持参ください。下記リンクから、オンライン申請も可能です。

 

木造住宅耐震診断オンライン申請(外部サイトへリンク)

オンライン申請を行う場合は、あらかじめ必要となる添付書類(PDF等)をご準備のうえ、入力を進めてください。

必要書類一覧

1.福島市木造住宅耐震診断促進事業申込書(ワード:45KB)記入例(PDF:111KB)

2.案内図(自宅の場所がわかる地図等の写し)

3.平面図の写し(住宅の間取りや寸法がわかるもの)(注1)

4.建築時期ならびに床面積がわかる書類(建築確認通知書の写し、又は建物の登記事項証明書(建物謄本)の写し、又は固定資産税納税通知書の写し等)

注1新築時や増築時の平面図等が残っている場合は、その写しを添付してください。紛失している場合は、添付不要です。

 木造住宅の耐震改修等希望者募集

木造住宅の耐震改修等を希望する方を募集します。福島市が耐震改修等工事費の一部を助成します。

募集戸数

一般耐震改修、簡易・部分耐震改修、現地建替工事計12戸程度(抽選)

 

募集期間

令和4年5月2日(月曜日)から令和4年5月18日(水曜日)

令和4年度の募集は終了しました。

対象となる住宅
  • 所有者が自ら居住する若しくは住宅を購入し、購入者自らが居住する予定の専用又は併用住宅(住宅の用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1以上のもの)であること。
  • 昭和56年5月31日以前に着工または建築された住宅
  • 地上階数が3以下のもの
  • 在来軸組工法、伝統的工法、枠組壁工法によって建築されたもの
  • 建築基準法令に違反していないもの
  • 耐震診断をした結果、耐震基準を満たしていないもの
  • 同一敷地内に現行基準を満たす住宅を新築すること(現地建替工事に限る)
対象工事
  • 一般耐震改修工事:耐震改修工事のうち、上部構造評点が1.0未満の住宅を1.0以上にする工事
  • 簡易耐震改修工事:耐震改修工事のうち、上部構造評点が0.7未満の住宅を0.7以上1.0未満にする工事
  • 部分耐震改修工事:耐震改修工事のうち、上部構造評点が0.7未満の住宅について、主たる居室の部分評点を1.5以上にし、家具等の転倒防止を施す工事
  • 現地建替工事:同一敷地内に現行基準を満たす住宅を新築する工事

耐震改修工事とは、地震に対する安全性の向上を目的とし、耐震基準に適合するよう補強または改修する工事

助成金額
  • 一般耐震改修工事耐震改修工事費の5分の4以内(最大100万円)
  • 簡易・部分耐震改修工事耐震改修工事費の5分の4以内(最大60万円)
  • 現地建替工事費の5分の4以内(最大100万円)
申込方法

下記の募集案内・手引き等を参照の上、住宅政策課と事前に相談をしてください。

その後必要書類を住宅政策課の窓口に直接ご持参ください。

福島県木造住宅耐震診断者名簿

福島県では、耐震診断技術者向けの講習会を開催しており、受講者を登録・公表しています。福島市が木造住宅の耐震診断を行うため派遣する者は、原則として、この名簿に登録されています。詳しくは、下記のリンク先をご覧ください。

木造住宅の耐震診断、耐震改修及びコンクリートブロック塀の耐震化に対する補助制度(外部サイトへリンク)

耐震改修事業者リスト

福島県耐震化・リフォーム等推進協議会のホームページにて、「住宅リフォーム安心事業者リスト」を公開しています。詳しくは、下記のリンク先をご覧ください。

福島県耐震化・リフォーム等推進協議会(外部サイトへリンク)

その他住宅に関する各種支援制度

福島県のホームページでは、国・県・市町村が実施している住宅制度をご案内しています。

下記リンクよりお進みください。

住宅建設・再建の各種支援制度(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

都市政策部 住宅政策課 住宅政策係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3757

ファクス:024-533-0026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?