ホーム > まちづくり・環境 > 自然環境 > 再生可能エネルギー > 水素エネルギーに関する事業 > 福島県総合防災訓練に自立型水素供給システムが展示されました

ここから本文です。

更新日:2018年5月1日

福島県総合防災訓練に自立型水素供給システムが展示されました

 平成29年8月27日(日)、福島県警察機動センターほかで実施された平成29年度福島県総合防災訓練に、株式会社東芝の自立型水素供給システム「H2One」が展示されました。

  H2One写真1     H2One写真2

  展示されたのは、貯蔵した水素を用いて発電・電力供給を行う車載型のシステムです。水素は再生可能エネルギーから生成することができ、水素発電は二酸化炭素を排出しない発電方法です。この機器には100Nm3(※)の水素を貯蔵し、最大で160kWhの電力を供給することが可能です。これは、一般家庭1世帯の電力消費量の約2週間分に相当します。
 当日は発電のデモンストレーションが実施され、発電電力は同会場で展示を行っている他のブースへと供給されました。従来の発電機に比べ発電時の騒音が少ないことが特徴で、訪れた見学者は「実際に発電しているとは思えないほど静かだ。」と話していました。

 

※Nm3:標準状態(0℃、1気圧)における気体の体積の単位。

 

このページに関するお問い合わせ先

環境部環境課温暖化対策推進係

電話番号:024-525-3742

ファックス:024-563-7290

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?