ここから本文です。

更新日:2019年11月28日

『水素社会実現』を目指して

 福島市は、「原子力に依存しない社会づくり」への貢献として、市、市民、事業者が一体となった再生可能エネルギーの導入を積極的に推進しています。一方で、主に太陽光発電については、日射量の増加などで需要に対して供給が多すぎる場合があります。この再生可能エネルギーの余剰電力を活用し、水を電気分解して水素を製造・貯蔵することで、水素の「貯蔵性に優れ、運搬が可能」という特性を活かした季節間・都市間におけるエネルギーの需給調整が可能となります。
 福島市は、「水素社会実現による再生可能エネルギーの導入拡大」を目指しています。

 H-Poster(PDF:1,001KB)

水素社会実現に向けた福島市の考え方について

 福島市における水素エネルギー関連の取組みと、取組みを踏まえた本市の考え方についてまとめました。
 この考え方を基本とし、水素社会の実現に貢献すべく、国や県と連携しながら取組み拡充を図ってまいります。

 水素社会実現に向けた福島市の考え方について(平成30年2月 福島市)(PDF:238KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部環境課温暖化対策推進係

電話番号:024-525-3742

ファックス:024-563-7290

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?