ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

国民年金の保険料

未納のままにしてしまうと、将来、受け取れる年金が少なくなったり、年金そのものを受け取れなくなったりする場合もありますので、必ず納期までに納めるようにしましょう。

国民年金保険料(令和4年度)

定額保険料 月額16,590 年齢、所得等に関係なく定額です。
付加保険料 月額400 付加保険料を納めると、将来受け取る老齢基礎年金に上乗せされます。(200円×納付月数)。
※第2号・第3号被保険者または国民年金基金に加入している方、および国民年金保険料の免除の承認を受けている方は付加年金に加入できません。
※申出日よりさかのぼって加入することはできません。
  • 納めた保険料は、全額が社会保険料控除の対象になります。1月から12月までに支払った保険料については、年末調整や確定申告の際に、社会保険料控除として申告してください。
  • 納付書の発行や保険料の支払いに関する窓口は、年金事務所です。
  • 保険料を納めるのが困難な方は、免除制度をご利用ください。

納付方法

納付書(現金)で納付

毎月の保険料は翌月末日までに納めましょう。

日本年金機構から送付される納付書で、全国の金融機関、郵便局、ゆうちょ銀行、コンビニエンスストアで納めることができます。

お得な前納割引もあります。

口座振替で納付

通常の口座振替の振替日は翌月末日です。

申し出により、毎月の保険料を当月末日振替にすると1か月あたり50円の割引があります。

上記以外の前納割引もあります。

事前に金融機関、郵便局または年金事務所へお申し込みください。

手続きに必要なもの

  1. 年金手帳または納付書
  2. 普通預(貯)金通帳
  3. 普通預(貯)金通帳の届出印

クレジットカードで納付

事前に年金事務所へお申し込みください。

お得な前納割引もあります。

インターネット等で納付

パソコンや携帯電話を利用して、インターネットなどで納めることができます。
事前に年金事務所へお申し込みください。

金融機関とのインターネットバンキングの契約が必要となります。

 お得な前納制度(令和4年度)

現金・クレジットカード支払い

区分 前納額 割引額 納付期限
毎月払い 16,590 なし 翌月末日
6カ月分前納(前期・後期) 98,730 810円割引 前期4月末日・後期10月末日
1年分前納 195,550 3,530円割引 4月末日
2年分前納 382,780 14,540円割引 4月末日

※30万円を超える納付書は「コンビニエンスストア」では利用できません

 

 

口座振替(現金支払いよりさらにお得です。)

区分 前納額 割引額 申込期限
毎月払い 16,590 なし 振替開始希望月の前々月末日
毎月払い・早割(当月末振替) 16,540 50円割引 振替開始希望月の前々月末日
6カ月分前納(前期・後期) 98,410 1,130円割引 前期2月末日・後期8月末日
1年分前納 194,910 4,170円割引 2月末日
2年分前納 381,530 15,790円割引 2月末日

納付・振替日が土日、祝日の場合は、翌月最初の金融機関営業日が期限となります。

 

付加保険料も一般保険料と同時に前納すると割引があります。

区分 前納額 納付・申込期限
  口座 割引額 現金 割引額  
毎月払い 400 なし 400 なし 上記の表のとおり
6カ月分前納(前期・後期) 2,370 30円割引 2,380 20円割引  上記の表のとおり
1年分前納 4,700 100円割引 4,710 90円割引  上記の表のとおり
2年分前納 9,220 380円割引 9,250 350円割引 上記の表のとおり

年度の途中から前納を希望するとき

4月以降に国民年金に加入したときなど、年度の途中からでも翌年3月までの保険料を前納できます。
ご希望の方は、事前に年金事務所へお申し込みください。

外部リンク

日本年金機構ホームページ(国民年金保険料)(外部サイトへリンク)

 

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部国保年金課国民年金係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3738

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?