ホーム > 震災関連・防災・安全 > 消防・救急 > 救急 > 救命講習を受講しましょう(令和3年4月1日から再開)

ここから本文です。

更新日:2021年3月30日

救命講習を受講しましょう(令和3年4月1日から再開)

救命講習のご案内

「あなたの応急手当が大切な命を救います」

いざというとき、もし応急手当ができたなら…
家族や身近にいる人が、大出血や意識不明となったとき、必要な応急手当をすることができますか?
消防署では救命に関する講習会を開催しております。
いざという時のために備えて受講し、応急手当を身に付けましょう。

救命講習(普通救命講習I)

救急車が到着するまでの応急手当法について学びます

講習内容

実技を中心とした成人の心肺蘇生法、AED取り扱い、止血法など3時間の講習

新型コロナウイルス感染対策により、通常より60分短縮し2時間の講習と致します。

対象

  1. 団 体 事業所及び学校(高等学校以下の教職員及び生徒)
  2. 個 人 応急手当普及員再講習及び患者搬送乗務員再講習  

福島市内にお住まいの方または市内に通勤・通学されている方

公募及び町内会等の講習につきましては、新型コロナウイルス感染対策により再開は見合わせております。

受付

  1. 団 体 最寄りの消防署へご連絡ください。
  2. 個 人 受講が該当する皆様には救急課より別途書面で通知させていただきます。

ご不明な点は消防本部救急課(024-534-9106)へご連絡ください。

 

開催場所

  1. 団 体 申し込み団体で講習場所をご準備いただきます。
  2. 個 人 飯坂消防署または福島南消防署

講習時間

新型コロナウイルス感染対策により、通常より60分短縮し2時間の講習と致します。

定員

10名を目安とし、レサシ人形1体につき1名の講習とします。 (レサシ人形の間隔を2m)

 

感染防止対策

  • 検温の実施 会場で検温を実施し、37.5℃以上の方はご辞退いただきます。
  • マスク着用 マスク着用をお願い致します。
  • 手技の制限 「人工呼吸」「気道異物除去」「ペアでの心肺蘇生法とAEDの使用」は説明のみ実施致します。
  • その他  入退室時の手指消毒と30分毎の換気を実施致します。

  新型コロナウイルスの感染状況により実施内容を変更する可能性があります。

  団体での受講の場合、開催場所、マスク、消毒薬は主催者がご準備ください。

申請書

救命講習申請書(別ウィンドウで開きます)

普通救命講習種別

普通救命講習I~IIIの講習内容については下記のとおりです。

普通救命講習

講習種別 内容 講習時間(分)
普通救命講習I 心肺蘇生法(主に成人を対象)、AEDの使用方法
異物除去法、止血法
180
普通救命講習II 心肺蘇生法(主に成人を対象)、AEDの使用方法
異物除去法、止血法、基礎的な学科・実技の評価
※業務や活動領域の性質から、一定の頻度で心肺停止者に
応急の対応をすることが期待・想定されるかたを対象とした
講習
240
普通救命講習III 心肺蘇生法(主に小児、乳児、新生児)、AEDの使用方法
異物除去法、止血法
180

事前に応急手当WEB講習(e-ラーニング)を受講した場合、1ヶ月以内に実技救命講習を受講することで講習時間を短縮することができます。

お問い合わせ先

各消防署所のお問い合わせ先

福島消防署 電話 024-534-9105
清水分署 電話 024-557-5415
西出張所 電話 024-591-4628
飯坂消防署 電話 024-542-2986
東出張所 電話 024-553-7796
福島南消防署 電話 024-547-3119
信夫分署 電話 024-593-1900
杉妻出張所 電話 024-546-2910

このページに関するお問い合わせ先

消防本部救急課

福島市天神町14番25号

電話番号:024-534-9106

ファックス:024-534-0310

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?