ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画 > 再開発 > 市街地再開発事業 > 福島駅前第一市街地再開発事業

ここから本文です。

更新日:2018年4月19日

福島駅前第一市街地再開発事業

事業経緯

福島市の玄関口にあたるJR福島駅及び駅前広場に面し、交通機関の重要拠点であり、また商業業務の中心地としてその機能更新並びに土地の高度利用が必要とされている地区でありました。当初A-I地区単独で進められていたが、地区全体の基本計画達成のため計画を変更し、昭和47年3月A-II地区と一体で都市計画決定されました。

 A-I地区

 A1地区

A-II地区

 A2地区

事業概要

事業名 福島駅前第一市街地再開発事業
事業年度 昭和46年~昭和48年度
施行区域 栄町の一部
事業施行者 組合
建物名称 辰巳屋ビル、平和ビル 
総事業費 約55億円
施行区域面積 約1.21ヘクタール
建築敷地面積 約7、700平方メートル 
建築面積 約6、176平方メートル
延べ面積 約61、949平方メートル
建ぺい率 約80パーセント
容積率 約699パーセント
建築構造

A-I地区 地下3階~地上10階(鉄筋コンクリート造)

A-II地区 地下2階~地上7階(鉄筋コンクリート造) 

主要用途  百貨店、専門店、ホテル、駐車場
地権者数

A-I地区 2人

A-II地区 18人

事業経過

高度利用地区の告示 昭和47年3月31日
都市計画決定の告示 昭和47年3月31日
組合設立認可 昭和47年6月20日
事業認可 昭和47年6月20日
工事期間

A-I地区 昭和47年2月~昭和48年9月

A-II地区 昭和47年2月~昭和48年10月

オープン日

A-I地区 昭和48年9月30日

A-II地区 昭和48年10月30日

このページに関するお問い合わせ先

都市政策部市街地整備課再開発係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3763

ファックス:024-533-0026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?