ホーム > くらし・手続き > 税金 > 市民税等 > 個人市民税・県民税 > 個人市民税・県民税の概要

ここから本文です。

更新日:2021年5月20日

個人市民税・県民税の概要

均等割と所得割

個人市民税・県民税は、税金を負担する能力のある人に納めていただく、均等割と所得割の2つからなっています。

  • 均等割…広く均等の額を負担していただく税額です。
  • 所得割…その人の所得金額等に応じて負担していただく税額です。

納税義務者

均等割・所得割の納税義務者
納税義務者 均等割 所得割
市内に住所があるかた
市内に住所はないが、事務所・事業所または家屋敷があるかた -

※市内に住所があるかどうか、また家屋敷などを持っているかどうかは、その年の1月1日現在の状況で判断します。

※家屋敷とは

自己または家族の居住用の住宅で、現に住んでいるかどうか問いません。

したがって、別荘・別宅等も含みますが、他人に貸すことを目的に設けられたもの、または現に他人が住んでいるものは除きます。

個人市民税・県民税が課税されないかた

個人市民税・県民税が課税されないかたの要件
均等割も所得割も
課税されないかた
  • 生活保護法によって生活扶助を受けているかた
  • 1月1日現在で、障害者、未成年、寡婦またはひとり親に該当するかたのうち、
    前年中の合計所得金額が135万円以下のかた
  • 前年中の合計所得金額が次の額以下のかた
    • (1)控除対象配偶者、同一生計配偶者、扶養親族のいずれもいないかた
      41万5千円
    • (2)控除対象配偶者、同一生計配偶者、扶養親族がいるかた
      31万5千円×(本人+控除対象配偶者+同一生計配偶者+扶養親族の人数)+18万9千円 +10万円
所得割が
課税されないかた
前年中の総所得金額等が次の額以下のかた
  • (1)控除対象配偶者、同一生計配偶者、扶養親族のいずれもいないかた
    45万円
  • (2)控除対象配偶者、同一生計配偶者、扶養親族がいるかた
    35万円×(本人+控除対象配偶者+同一生計配偶者+扶養親族の人数)+32万円 +10万円

税額の計算方法

税額の計算方法

※土地、家屋などの資産及び株式等の有価証券の譲渡所得、退職所得、山林所得については、他の所得と区分して各々の計算方法により算出されます。

税率

均等割

市民のみなさんに広く均等に負担していただくもので、定額です。

均等割の内訳表
市民税 県民税 合計
3,500円 2,500円
(うち1,000円は県森林環境税)
6,000円

所得割

所得割の税率は、地域による偏りを減らすことや、受益と負担の関係が明確になることから、所得に左右されない一律の税率となっています。

課税標準額にかかわらず一律の税率です。

所得割の内訳表
市民税 県民税 合計
6% 4% 10%

このページに関するお問い合わせ先

財務部市民税課市民税第二係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3792

ファックス:024-528-2480

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?