ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

肢体に不自由のある方のために

1.日頃の備え

  • 避難時に必要な用具は、いつでも使えるところに置きましょう。
    • 車いす、杖(つえ)などの歩行用具
  • 避難を急ぐときのために、おぶいひもを用意しましょう。
  • 災害が起きても、車いすの通行に支障がないかどうか、普段から避難口や避難経路を確認しておきましょう。
  • 家族が外出中の場合などに備えて、隣近所の方にも万一の場合の手助けを頼んでおきましょう。

2.災害発生時には

  • その場ですぐに身を守り、安全を確保しましょう。
  • 車いすを使用している場合には、次の点に注意しましょう。
    • 家具や冷蔵庫など転倒しそうなものから離れましょう。
    • 落下物の危険の少ない場所で、車いすのブレーキをかけましょう。
    • 両手などで頭を守りましょう。
  • 地震のゆれがおさまったら、火の元を点検し、安全を確認しましょう。
  • テレビ、ラジオなどで災害情報を収集しましょう。

3.避難するときは

  • 家族と一緒に避難場所に避難し、人手が足りないときは周囲の方などにも手助けを頼みましょう。

周囲の方へ【車いすの介助のポイント】

  • 段差では3から4人で運ぶのが安全です。
  • 上るときは車いすを前向きに、下りるときは車いすを後ろ向きにするのが、安全で恐怖感を与えません。
  • いずれもブレーキをかけたままで運びます。
  • 人手がないときは、おぶいひもなどを使い一人で背負います。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部障がい福祉課障がい庶務係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3748

ファックス:024-533-5263

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?