ホーム > 子育て・教育 > 教育委員会 > 中央地区教育構想検討会

ここから本文です。

更新日:2024年5月28日

中央地区教育構想検討会

◇目的

〇福島市立小・中学校の適正規模・適正配置に係る基本方針ならびに第一次実施計画「施設更新と併せた総合的な視点からの学校規模適正化」に基づき、中央地区全体の教育構想について審議し、中央地区の小学校の再編に向けた基本方針を策定することを目的とする。

◇組織

〇委員は学識経験者、学校関係者、保護者や地元関係者等の代表者15名で構成

〇委員の任期は、令和7年3月31日まで

◇主な内容

第1回  

〇令和6年2月9日(金)午後2時~ 

 場所:市民会館  

 参加者:検討会委員14名 

中央地区  第一回

【協議内容】

 (1)中央地区教育構想検討会設置の理由 

 (2)中央地区小学校の現状について

 (3)中央地区再編に向けた方向性について

 (4)今後のスケジュールについて

  ◆委嘱状交付の後、出席された14名の委員の皆さんには、中央地区小学校の再編に向けた思いや願いを話していただきました。 

第2回

〇令和6年3月12日(火)午後0時45分~ 

 場所:市民会館、福島第一小学校、福島第四小学校、清明小学校  

 参加者:検討会委員12名

ichi  yon

【内容】

 (1)福島第一小学校、福島第四小学校、清明小学校の現地視察

    視察場所:教室、廊下、体育館、校庭、校舎周辺の環境等

 (2)視察を終えての振り返りの実施(市民会館)

  ◆あいにくの天候でしたが、実際に3校の様子や各校長の説明を聞いて、委員の皆さんからは、各学校の施設や子どもたちの教育環境等について、活発に質問をする姿がみられました。

第3回

〇令和6年5月23日(木)午後2時~ 

 場所:市民会館

 参加者:検討会委員10名     

CIMG5905.JPG CIMG5918.JPG

【議事】当日の次第はこちら(PDF:93KB)

 (1)今後のスケジュールについて

 (2)福島第一小学校、福島第四小学校、清明小学校の視察を終えての感想など

 (3)協議/3校の視察から見えてきた課題と本市課題を踏まえた対応策について

   ①「どのような教育が求められるか」について

   ②学校の立地や校舎、登下校の安全面について

 ◆委員の皆さまによる協議の場面では、中央地区の思いのこもった意見が出され、今後の基本方針の策定に向け弾みがつきました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 学校教育課 管理係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3782

ファクス:024-528-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?