ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 補助・助成 > ごみ集積所設置費の助成手続き

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

ごみ集積所設置費の助成手続き

ごみ集積所の適正な管理と地域環境の美化を促進するため、ごみ集積所を設置する町内会等に対して、助成金を交付いたします。

交付を希望する場合は、事前にごみ減量推進課へ確認をお願いします。

助成対象

ごみ集積所設置及び整備した構造物の製作費用(市に届け出をした集積所)

  • 設置場所は、ごみ収集作業と歩行者の安全が確保できる場所で、歩行者や車両の通行の妨げにならないよう集積所を当該町内会等が適正に維持管理すること
  • 設置場所の土地所有者が、集積所設置について承諾をしていること
  • 集積所設置に関し、利用者及び近隣者の合意を得ていること
  • 各種法令を遵守した集積所であること

※申請前に新設または整備した場合は、対象となりませんのでご注意ください。

助成対象外となる集積所

  • 過去5年間に助成金の交付を受けている集積所
  • 道路(側溝を含む)、水路、河川、公園等に設置する集積所
  • 市が許可を認めない場所に設置する集積所
  • ニュータウン造成時に管理会社等が設置した集積所
  • アパート、マンションの入所者のために管理会社等が設置した集積所
  • 公務員宿舎のために住宅団地に設置した集積所

助成対象外の設置場所の例

助成対象外の設置場所の例

※土地の上に石やプランターなどの物を置くだけで範囲を区切るもの、土地の整地及び看板設置などに要した経費は、助成対象となりません。

助成額

購入価格または経費(消費税含む)の2分の1とし、百円未満の端数は切り捨てる。集積所1箇所につき5万円を限度とします。(土地の取得・借地等に要する経費は除かれます。)
年度ごとに年間で助成できる金額に上限があります。申請受付期間であっても、予定されている年間助成額の上限に達した場合は受付終了となりますのでご注意ください。

申請者

ごみ集積所を使用する町内会等の代表者
※市が「町会等に対する交付金」を交付している住民の自治組織又は集積所の維持管理を行っている福島市衛生団体連合会加入の団体とするが、良好な地域社会の維持及び形成に資する地域的な共同活動を行うことを目的とし、その活動を行っていると認められる組織も含みます。

助成手続きから交付までの流れ

集積所設置費助成の流れ

手続きに必要な書類等

補助金等交付申請書、補助金事業等実績報告書、補助金等交付請求書、委任状の用紙は、ごみ減量推進課にあります。

申請時に必要なもの

  1. 補助金等交付申請書
  2. はんこ(町内会等代表者のはんこ)
  3. 公図(字限図)
  4. 設置場所の土地登記簿謄本
  5. 土地所有者の承諾書(任意の様式で結構です。)
    ※土地所有者と集積所管理代表者の印があり、承諾書として明確なもの
  6. 必要経費見積書(請負業者からの見積書は内訳の明記が必要です。)
  7. 現況写真

設置工事が完了した後に必要なもの

  1. 補助金事業等実績報告書
  2. 補助金等交付請求書
  3. はんこ(町内会等代表者のはんこ)
    ※申請時に押印したものと同じもの
  4. 領収書原本(レシート不可)
    ※設置月日、設置者氏名(町内会等)、品名の明記、設置業者(販売店)の印があるもの
  5. 完成写真
  6. 申請者の振込先口座の通帳
  7. 委任状
    ※申請者と口座名義人が違う場合は、委任状が必要となります。

書類作成上の注意

  1. 記入例を参考にして記入してください。
  2. はんこはすべての書類に同じものを押印してください。
  3. 捨印がない書類は訂正できませんのでご注意ください。

実績報告書受付期間

2019年4月1日から2020年2月20日までの間
※土曜日、日曜日、祝日、年末年始(2019年12月28日から2020年1月5日まで)を除く

維持管理

この助成制度を利用いただき設置した集積所の使用にあたっては、申請者が自ら常に清潔に保ち、集積所の適正管理に努めていただくこととなります。

このページに関するお問い合わせ先

環境部ごみ減量推進課ごみ減量推進係

電話番号:024-525-3744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?