ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 乳幼児・子どもの予防接種(18歳以上の日本脳炎・HPV含む) > 【令和7年3月終了】HPVワクチンキャッチアップ接種のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2024年1月12日

【令和7年3月終了】HPVワクチンキャッチアップ接種のお知らせ

HPVワクチン〔子宮頸がん予防〕は、平成25年6月14日付け厚生労働省通知により積極的な接種の勧奨を差し控えておりましたが、安全性について特段の懸念が認められないこと、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることなどから、令和3年11月26日付けで同通知が廃止されました。

積極的な勧奨の差し控えにより、接種を受ける機会を逃したかたに対して、公平な接種機会を確保するため、従来の定期接種の対象年齢を超えて接種を行う「キャッチアップ接種」を実施することとなりました。

また、令和5年4月1日より、従来のワクチンに加え、9価HPVワクチンも定期接種の対象となりました。

詳細は厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)国立がん研究センターリーフレット(外部サイトへリンク)をご覧ください。有効性とリスクを理解した上で、予防接種を希望される場合は登録医療機関でお受けください。

 

※令和4年3月31日までに既に自己負担で接種を受けているかたは、【任意接種】HPVワクチンを自己負担で受けたかたの償還払い(払い戻し)についてをご覧ください。

 

対象者

過去にHPVワクチンの接種を3回受けていないかたで、

平成9年4月2日~平成19年4月1日生まれの女子

※そのほかに、平成19年度生まれの女子は、通常の接種対象年齢(高校1年生相当)を過ぎても、令和7年3月31日まで公費で接種できます。

期間

令和4年4月1日令和7年3月31日

接種スケジュール

ワクチンの種類により異なり、通常、接種完了までに約6か月かかります。

原則として同じ種類のワクチンを接種することをお勧めしますが、医師と相談のうえ、途中から9価ワクチンに変更し、残りの接種を完了することも可能です。

接種間隔

受け方

持ち物

  • 母子健康手帳
  • 健康保険証等(住所・氏名・生年月日が確認できるもの)
  • 予診票(転入・紛失のためお持ちでない場合は、母子健康手帳を必ずお持ちのうえ保健予防課窓口へお越しいただくか、福島市登録医療機関予約時にお申し出ください。)

その他

ワクチンだけではすべての子宮頸がんを防ぐことはできません。ワクチンで防ぎきれなかったがんを早くみつけて治療するためには、子宮頸がん検診が必要です。早期発見・早期治療のため、20歳を過ぎたら定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 保健所 保健予防課 感染症対策係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-572-3152

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?