ホーム > まちづくり・環境 > 自然環境 > 環境教育 > ふくしまの環境「もったいない」から始める「エコライフ」

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

ふくしまの環境「もったいない」から始める「エコライフ」

日々の暮らしからムダを省けば、地球にやさしいだけでなく、お財布にもうれしい生活になります。
みなさんはムダな資源、ムダなエネルギー、ムダなお金を使ってはいませんか?
項目をチェックして、生活のムダを調べてみましょう。

エコライフチェック

電気がもったいない!

エアコンのイラスト 夏冬は、エアコンをがんがん使う

暖房2度低めで約10%、冷房2度高めで約20%の電気代節約。エアコンの設定温度は暖房20度、冷房28度を目安に。着るものも工夫して、体感温度を調節しましょう。

冷蔵庫を、何度も開け閉めしてしまう

冷蔵庫は開けるたびに電力消費が増えます。1日40回から20回に減らせば、夏場で120wの節約に。冷蔵庫に、後ろ10cm、両脇20cmの隙間を空け、詰め込みすぎないよう注意すれば、さらに省エネ効果が高まります。

電気ポットはつけっぱなし

2.2リットルの電気ポットが、24時間の保温で消費する電力は、400リットル冷蔵庫の年間消費電力とほぼ同じ。使わないときはコンセントからプラグを抜きましょう。

テレビは、リモコンでスイッチ

テレビなどは、リモコンで電源を切っても、本体の主電源は入りっぱなしです。1日10時間主電源が入っているだけで、年間4~11kwの電力がムダに!

燃料がもったいない!

近場でも、つい自動車で移動してしまう

自動車はガソリンを消費するだけでなく、排気ガスによる大気や温暖化への影響も多大です。近場へは徒歩や自転車で、遠くへは公共交通機関を利用しましょう。

駐停車時も、エンジンはかけっぱなし

5秒以上のアイドリングストップは、省エネ効果があります。その他にも、急発進・急加速をしない、経済速度で走るなどのエコドライブを心がけましょう。

ガスコンロの炎のイラストガスコンロの炎は、常に「大」

やかんの底などから炎がはみ出していると、熱効率は約10%ロスします。元々ガスコンロは、約半分の熱は外に逃げてしまっています。たかが10%とあなどるなかれ。

入浴時間は、家族バラバラ

お風呂のお湯約200リットルを1日1回追い焚きすると、年間では約38立方メートルものガスを消費します。お風呂は間隔をあけずに入りましょう。

水がもったいない!

歯みがきのときは、水を出しっぱなし

蛇口をひねると、毎分約6リットルの水が流れます。3分間の歯みがきを1日3回1年間続けると、19,710リットルもの水がムダに!

蛇口の閉め忘れのイラスト蛇口を閉め忘れ、水漏れしていることがある

1秒に1滴の水が漏れると、1日で30リットルにもなります。蛇口を閉めても水漏れするなら、パッキングを取り替えましょう。

1日に何回も洗濯してしまう

回数が増えると、水もたくさん使います。洗濯機の容量を調べて、なるべく回数を減らしましょう。お風呂の残り湯を使えばさらに水が節約でき、汚れも落ちやすくなります。

ショッピングでもったいない!

衝動買いする癖がある

買ってしまう前にちょっと待った!それは本当に必要ですか?使わずにごみにするようでは、それこそ資源とお金のムダです。

レジ袋をもらうイラスト毎回レジ袋をもらっている

買い物のたびにもらって、結局プラ容器包装に出していませんか?マイバックを持参して、レジ袋はもちろん、過剰包装も断るようにしましょう。

詰め替え品は、あまり利用しない

商品は、詰め替え製品や、エコマークなどの環境ラベル商品を選びましょう。ごみの減量にもつながりますし、リサイクルの輪をつなげることにもつながります。

省エネ性能よりも、デザインを優先

最新の家電製品やガス機器、自動車などは、省エネにすぐれた製品が多くなっています。購入価格は若干高くても、使い続ければ結果的におトクです。

ごみになるのがもったいない!

衣類は常に、流行りもの

日本全国では、年間108万トンの衣類が捨てられていると推計されます。フリーマーケットに出したり、リフォームしたり、着古した衣類のリユース方法はたくさんあります。食べ残しのイラスト

毎食食べ残しが出てしまう

日本では、年間約11兆円分もの食料が、食べ残され捨てられています。ばら売りなどを利用し、食べきれる量だけ作るよう心がけましょう。

調理くずや生ごみが多い

野菜の皮や芯は、調理くずになりがちですが、ちょっとの工夫で調理できます。また福島市には、生ごみ処理容器(コンポスト)の購入助成制度もあります。

紙はほとんど、燃えるごみに出してしまう

紙類は5種類の分別回収がありますが、封筒は裏返して使う、紙パックは中に新聞紙を詰めて使用済油の始末に使う、チラシは裏面をメモ用紙にするなど、リユース方法もたくさんあります。

紙コップや割り箸などを、頻繁に使う

家庭やオフィスでの使い捨て用品は自粛しましょう。これらを使わないだけで、一人当たり1日約15gの可燃ごみ削減になります。

チェックした数はいくつになりましたか?

  • 0個:ムダは完全に排除する性格です。
  • 1~5個:かなり環境に配慮した生活を送っています。この調子でがんばりましょう。
  • 6~12個:できることはまだまだあります。もう一度生活を見つめなおしてみましょう。
  • 13~17個:非常にもったいない生活を送っています。できることから始めましょう。
  • 18~20個:現在の生活はムダだらけと言わざるを得ません。早急に見直しを!

これらのチェックをヒントに生活を見直し、エコロジカル(環境保護的)でエコノミカル(経済的)な「エコライフ」を目指してください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部環境課温暖化対策推進係

電話番号:024-525-3742

ファックス:024-563-7290

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?