ホーム > よくある質問 > まちづくり・環境 > 河川 > 市内を流れている川の管理者はどこですか。

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

市内を流れている川の管理者はどこですか。

回答

河川には、河川法が適用される「一級河川」「二級河川」「準用河川」、河川法が適用されない「普通河川」があります。

一級河川

福島市内を流れる一級河川のうち、「阿武隈川」「荒川」の一部、「摺上川」の一部、「松川」の一部は国土交通省(国)の管理となっています。

  • 荒川(地蔵原堰堤から上流は県の管理。下流は国の管理となります。)
  • 摺上川(旧4号線から阿武隈川合流までは国の管理。それ以外の地点は県の管理となります。)
  • 松川(松川橋から阿武隈川合流までは国の管理。それ以外の地点は県の管理となります。)

他、30河川は県北建設事務所(県)が管理しています。

二級河川

福島市内には二級河川はありません。

準用河川

福島市内を流れる準用河川は、「くるみ川」(一部は県管理)「馬川」「耳取川」「胡桃川」「堀切川」「境川」の計6河川です。この6河川に関しては、福島市河川課の管理となっています。

普通河川

河川法が適用されない普通河川(水路含む)は、法定外公共物と呼ばれます。普通河川については福島市河川課の管理です。
水路に関しては、下記のような区別があります。
※市街化区域及び都市計画区域外については河川課管理
※調整区域及び農業用水路については農林整備課管理

詳しくは福島市河川課までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

建設部河川課管理係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3756

ファックス:024-536-3271

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?