ホーム > よくある質問 > まちづくり・環境 > 河川 > どうして洪水は起こるのですか。

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

どうして洪水は起こるのですか。

回答

川を流れる水は、地面に降った雨が地中にしみこみ、地中を流れたり、地面の上を流れたりしながら地域の中で一番低いところにある川に集まってきたものです。
このため川の流れる水の量は、雨の降りかたや地面の状態によって決まってきます。
洪水とは、普段よりはるかに多い量の水が流れる現象であり、洪水が起きる一番の原因は、豪雨という自然現象です。
また、川の周辺の土地が田畑から宅地に開発されたりして、地面に雨がしみ込みにくくなり降った雨が短時間で川に集中し、洪水が起こりやすくなります。
このように川の洪水は周辺の土地利用のありかたとも深い関係があり、洪水に対する対策は川の中だけで考えていては不十分であるといえます。

関連ページ

このページに関するお問い合わせ先

建設部河川課管理係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3756

ファックス:024-536-3271

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?