ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

死亡一時金

第1号被保険者期間中(任意加入被保険者を含む)の、国民年金保険料を36月以上(一部免除の場合は月数の計算が変わります)納めている方が、老齢・障害基礎年金などを受けずに死亡された場合、生計を同じくしていた遺族が受けられる一時金です。
ただし、遺族基礎年金や寡婦年金を受けられる場合は、該当しません。

遺族の範囲(左から受給優先順位が高い順)
配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹

(※)失踪宣告を受けた方については、失踪宣告の審判の確定日の翌日から2年以内であれば請求できます。

一時金額

一時金額一覧(令和4年度)
保険料納付済期間 金額
36月以上180月未満 120,000円
180月以上240月未満 145,000円
240月以上300月未満 170,000円
300月以上360月未満 220,000円
360月以上420月未満 270,000円
420月以上 320,000円

手続先

市役所本庁国保年金課または各支所・出張所

外部リンク

 

日本年金機構ホームページ(死亡一時金)(外部サイトへリンク)

日本年金機構ホームページ(死亡一時金を受けるとき)(外部サイトへリンク)

 

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部国保年金課国民年金係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3738

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?