ホーム > くらし・手続き > 国保・年金・後期高齢 > 国民健康保険 > 国民健康保険税 > 国民健康保険税の年金からの天引き(特別徴収)

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

国民健康保険税の年金からの天引き(特別徴収)

福島市では、平成21年10月より65歳から74歳までの方を対象とした国民健康保険税の「年金からの天引き(特別徴収)」が始まりました。
お支払い方法については、「口座振替によるお支払い」を選択することもできます。

「口座振替によるお支払い」を希望される方は、下記の方法により手続きをしてください。
なお、「年金からの天引き」を希望される方は、特に手続きの必要はありません。

1.年金からの天引きとなる対象世帯

  • 世帯主を含め国民健康保険に加入の方全員が、65歳から74歳までの世帯。
  • 年金からの天引きの対象となる世帯主の年金額の年額が、18万円以上であること。
  • 世帯主の介護保険料が年金からの天引きになっていて、介護保険料と国民健康保険税の合計額が、年金額の2分の1を超えないこと。(超える場合は、介護保険料のみ差し引かれる場合があります。)

注意:年度の途中で65歳になる場合は、翌年度から該当になります。

注意:年度の途中で75歳になる場合は、納付書または口座振替によるお支払いとなります。

2.手続きについて

「口座振替によるお支払い」を希望される場合は、「国民健康保険税納付方法変更申出書」を提出いただきます。下記「確認事項」をご一読の上、市役所国保年金課またはお近くの支所・出張所へお越しください。
なお、お手続きは世帯主に限ります。世帯主以外の方が届出する場合は、世帯主からの委任状が必要になります。

申請は随時受け付けておりますが、変更には約2ヵ月かかります。

確認事項

  • これまで利用していた登録口座から引き続き口座振替をおこなう場合
    「国民健康保険税納付方法変更申出書」のみ提出してください。
  • 新たに口座振替の申し込みをおこなう場合
    持参書類:福島市口座振替依頼書の本人控え(お取引金融機関備え付けの福島市口座振替依頼書により口座振替の申し込みを金融機関でおこなった後、金融機関からお受け取りください。)

注意:市役所国保年金課や納税課、各支所において、キャッシュカードで口座振替の申し込みができます。この場合は、金融機関での口座振替の申し込みは必要ありません。対象金融機関が決まっていますので、詳細については国保年金課国保資格係までお問い合わせください。

3.納付方法について

年金支給の月に国保税が天引きされます。(4月、6月、8月、10月、12月、翌年2月)
令和2年度より引き続き年金からの天引き(特別徴収)の方及び令和3年度から新たに特別徴収が開始される一定の要件を満たす方は、仮徴収がおこなわれます。

令和2年度より年金から天引きの方及び令和3年度中に一定の要件を満たした方

(例)4月より仮徴収がおこなわれる場合

令和3年

令和4年

4月

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
A - A - A - B - B - B -

A(仮徴収)=令和3年2月の特別徴収額と同額、または令和2年度の介護分を除いた年税額÷6
B(本徴収)={令和3年度年税額-(A+A+A)}÷3

  • 令和2年度より引き続き特別徴収となる方
    令和2年度の2月(令和3年2月)の年金より天引きされた国民健康保険税と同額が4、6、8月の年金より天引きされます。
  • 令和3年度から新たに特別徴収(仮徴収)となる一定の要件を満たした方
    前年度の国民健康保険税をもとに新年度の国民健康保険税を算定します。例えば、4月より仮徴収がおこなわれる場合、前年度の介護分を除いた年税額を6回で割りその内の3回分を均等に年金から天引きされます。
    また、10月以降(10月、12月、2月)の年金より天引きされる国民健康保険税については、令和3年7月に年税額が決定されることから、7月にお送りする納税通知書でお知らせいたします。
    なお、年税額から仮徴収(4月+6月+8月)された金額を差し引いた額を3回(10月、12月、2月)に分けて年金から天引きされます。

注意:令和3年度より新たに特別徴収(仮徴収)となる方は、前年度の特別徴収該当時期によって仮徴収開始時期が異なります。
6月開始の方は5回、8月から開始の方は4回に分けて年金から天引きされます。

令和2年度中に国民健康保険に加入し令和3年度から新たに年金天引き該当となった方

(例)10月より本徴収がおこなわれる場合

令和3年

令和4年

4月

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
- - - 普通徴収 C - C - C -

Cが特別徴収の月です。
C(本徴収)=(令和3年度年税額-普通徴収額)÷3

  • 注意:前年度中に新たに国民健康保険加入で特別徴収の要件に該当となった方については、普通徴収(納付書払いまたは口座振替)と特別徴収(年金からの天引き)の併用徴収となります。

4.その他

「年金からの天引き」の場合、所得税等における社会保険料控除は、本人のみ適用されます。

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部国保年金課国保資格係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3735

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?